2021年01月10日

新年の挨拶

明けましておめでとうございます。

皆様におかれましては、健やかな新年をお迎えのことと、心よりお慶び申し上げます。

 

昨年は世界中に蔓延した新型コロナウイルスの影響で、生命をも脅かし、人類にとっては最も危機的な状況を作り出しました。

また、そのことによって大きな時代の変革を加速させ、今まで当たり前と思っていたことが当たり前でなくなり、日常の生活も大きく様変わりしました。

飲食店をはじめ多くの企業が厳しい経営を強いられています。

 

生き残る企業とは、『最も強いものではない。 最も知的なものでもない。 それは、変化に最もよく適応したものである』というダーウィンの言葉にあるように、このコロナ禍を嘆くより適応していく努力をしていかないといけないと思います。

ただ新しいことにチャレンジすることはいいことですが、無計画・無鉄砲にやれば自滅のおそれもあります。

不況になっても生き残る会社経営者は、「大したことはやっていないのですが」と言い、状況を悪化させる経営者は「いろいろやっているのですが上手くいかなくて」と口にします。

これは、本業という基本に徹した企業が生き残り、片や不安から新しいことを次々に打ち出すものの社員が達成への意欲を欠き、状況が悪化していくのが原因です。

先が見えない時代になってきましたが、いつの時代も世のため人のために尽くせる企業が生き残ります。

 

最後に、今年も皆様のますますのご健勝とご多幸を心よりご祈念申し上げまして、年頭のご挨拶とさせていただきます。


2019年05月10日

ゴールデンウィーク10連休

 

今年のGWは過去に前例のない「最大10連休」となりました。(実際10日間すべて休めた人は22%だったようです)

連休中には新天皇即位で皇居には沢山の人が集まり、街では新元号を祝いお祭りムード一色で、郡上市では徹夜踊りなども開催されたようです。

また海外旅行にでかけた人も多く、10連休を満喫されたことでしょう。

 

その一方で、10連休は長すぎたという意見もあります。

休み中に行楽地に行くと交通渋滞もあり疲れて大変ということもありますが、出かければそれなりに支出を伴う、そんなに休みがあってもお金がもたない等々、人それぞれ思うところは違うようです。

 

地元しゃぶしゃぶ店「木曽路」は1950年の創業以来、年中無休でしたが5月7・8日の2日間、全店舗で一斉休業としました。

創業以来年中無休だったということに驚きましたが、働き方改革の一環としてということで、これも時代の流れなのでしょうか。

 

日本人は有給取得率も低く、働きすぎだとよく言われます。

今後は仕事の効率化をはかり、労働生産性を上げ長時間労働を是正していかないと選ばれ生き残る企業にはなれません。

「働き方改革」にどのように対応していくか、経営者の悩みはつきません。


2019年03月10日

カリスマ経営者

日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告が釈放されました。

作業着を着て変装するという想像していなかった登場で、弁護士の提案だったということですが、それがいいのか悪いのか判断できないような精神状態ではなかったのでしょうか?107日も身柄を拘束され、10億円もの保釈金を払ってやっと出てこられた気持ちは本人しかわからないでしょう。

つい半年前までは誰もが尊敬するカリスマ経営者で、話しかけるのはもちろん、近づくことさえも憚られるオーラをまとった人物があっという間に転落していくさまは、まるで映画を見ているような気がします。
詳しいことはわかりませんが、罪を犯したことが事実なら、反省し罪をつぐない、復活してその類まれな能力を世の中のためにまた使って欲しいと思います。

「無罪請負人」と呼ばれる弘中弁護士軍団が弁護することになり、今後の行方が注目されます。

ただ、この一連の動きにはゴーン被告だけではなく、日産・三菱・ルノーそれからフランス政府・日本政府がからむ国際的な問題のような気がするのは私だけでしょうか。


2018年06月11日

Society(ソサエティ)5.0

Society5.0とは、我が国が目指すべき未来社会の姿として国が提唱する社会です。解説によると「サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)」ということらしいです。狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く新たな社会です。
 

具体的には、

(1)  ドローン宅配:無人のドローンが指定の時間・場所まで荷物を届けてくれる。物流業界の人手不足が解消できる。

(2)  AI家電:AI冷蔵庫が、冷蔵庫にあるものでできるレシピを提案、食材のストック管理をする。

(3)  医療・介護:遠隔診療で、家にいながらお医者さんに診てもらえる。重労働の介護を、疲れ知らずの介護ロボットがサポート。

(4)  働き方:無人トラクター、清掃ロボットで人手不足解消。

(5)  スマート経営:会計クラウド導入で、Web注文・決済がスムーズに。家計簿も簡単に、決算もリアルタイムで把握でき素早い経営判断が可能。

(6)  自動走行:自動走行バスが導入されれば、時間帯を問わず目的地まで行け、地方都市では実際に試験運転も行われ、導入間近。
 

上記が簡単な内容になりますが、今後日本は少子高齢化により働き手が少なくなってくるので、それを見据えた国の政策だと感じました。
 

この中で私が一番気になったのは、(5)スマート経営で会計のクラウド化を国が推進していることでした。リアルタイムの数字を把握し経営判断を行い、熱意や勘に頼った「売上目標」でなく、実際に「売れた」「予約された」などのデータに基づく生産・販売計画により、在庫や廃棄品を減らすようにしていくのが目標のようです。
 

中小企業の経営者の多くは、勘と度胸で勝負をしてきた面もあると思いますが、これからの経営はITを駆使しデータに基づく経営を推進していかないといけない時代に入ってきたようです。勿論、弊社もお客様とともに時代の変化に対応していきたいと思います。


2018年01月10日

年頭のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

節目となる平成30年の年頭にあたり、お客様をはじめ関係各位の皆様に、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 平成30年1月より、弊社代表取締役社長でありました森田勝己が代表取締役会長に、代表取締役社長に私、加藤繁が就任いたしましたことをご報告申し上げます。甚だ微力ではございますが、一意専心 社業及びお客様の発展に全力を尽くす所存でございますので、何卒前社長同様のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。尚、今回より私加藤繁が、当ブログを担当させていただきますので宜しくお願いいたします。
 
 さて、昨年弊社事務所は大規模な増改築工事を行い、新社屋が完成いたしました。お客様に来所していただいたときに快適に過ごしていただけるよう、1階にはお客様との打ち合わせ等のための部屋を、3階には約60名収容できるセミナールームを設けました。
 弊社では毎月「経営者セミナー」を開催しておりますが、より一層内容を充実させ、少しでもお客様に役立つ情報を提供できればと思っていますので、お時間がとれるときには是非ご参加下さい。

 本年が皆様方のご繁栄と御多幸の年となりますよう、心から祈念して、年頭の挨拶とさせていただきます。
 




 加藤 繁 
税理士法人 森田経営
代表社員

昭和40年2月23日生
主な資格:税理士、行政書士

※ 現在、市役所、公民館、商工会議所等で経営・簿記・税金等の講師としても活躍中

加藤 繁
税理士法人 森田経営
代表社員

昭和40年2月23日生
主な資格:税理士、行政書士

※ 現在、市役所、公民館、商工会議所等で経営・簿記・税金等の講師としても活躍中


«   2022年08月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      





  • RSS
  • RSSとは




このページのトップへ


Copyright(C) Netartz. Co., Ltd. All Rights Reserved.