2016年10月11日

来年の経営計画と経営戦略

森田経営では、毎年10月に入ると翌年の経営計画の準備に取り掛かります。
(通常経営計画は決算終了の3ヵ月前から準備に取り掛かるのがベストであるといわれています。12月決算法人なら10月から、3月決算法人なら1月からです。)
3ヶ月の間に段階的に経営計画を作成して行きます。

   1.経営計画の第一段階(長期ビジョンの作成)
翌年の経営計画作成の第一段階は、まず長期の我が社の未来像(ビジョン)を考えることです。
10年~20年先の我が社のあるべき姿、理想像を思い浮かべます。理想像は漠然で良いので、可能な限り大きな理想が良いと思います。
具体的には、仕事に対する考え(経営理念)や、会社の売上高や社員数や設備等(規模)です。
 
   2.経営計画の第二段階(中期経営計画の作成)
上記の第一段階の我が社の理想像に基づき、具体的な我が社の3年~5年先の「中期経営計画」を作成します。
森田経営では、5年ごとに作成して、毎年見直しをしています。
昨年40周年でしたので、第8次5ヶ年計画が終了して、今年から第9次5ヶ年計画が始まりました。第9次5ヶ年計画の終了の年は2020年で東京オリンピックの年です。
 この3年~5年先の「中期経営計画」の作成が、全体の経営計画の中で最も重要な所です。
なぜなら、この「中期経営計画」を実現させるためには、実現させる為の方法(経営戦略)が必要であり、「経営者として最も重要な仕事は、経営戦略を考えること」と言われているからです。

   3.経営計画の第三段階 (単年度計画の作成)   上記の第二段階の経営者の経営戦略により作成された、「中期経営計画」に基づき翌年の一年間の計画を「単年度計画書」と言い、通常銀行等に提出する「経営計画」はこの「単年度計画書」のことです。

 
  建物を建てる時、「設計図」が必要と同じ様に、経営をして行く上には、必ず「経営計画書」が必要です。 しっかりした経営計画書を作成しましょう。


2016年09月10日

ワコールの50年計画について

ワコール(高級女性下着メーカー)の創業者である塚本幸一氏の講演を京都の国際会議場で今から約40年前に聞く機会が有りました。
 
 当時ワコールはすでに創業35年が経過しており、世界のあちこちに工場があり、創業者の塚本社長は日本で有名な経営者のひとりに成っていました。
 
 その京都国際会議場で「有名なワコールの50年計画」についての話を聞きました。
内容は簡単に言うと、次の様なものでした。
創業して最初の10年間は、国内市場開拓の10年。(1950年台)
次の10年は、国内市場確立の10年。(1960年台)
さらに次の10年は、海外市場開拓の10年。(1970年台)
その後の10年は、海外市場確立の10年。(1980年台)
そして最後の10年(1990年台)で世界のワコールとして、女性の下着メーカーとしては、世界のナンバーワンに成るという計画でした。
 
塚本社長は、「1人の人間が50年の歳月を掛けて、1つのことに真剣に打ち込めば、その道の世界のナンバーワンに成ることが出来る」と言う、講演内容でした。
塚本社長は20歳半ばに創業して77歳で逝去しました。正に50年計画を全うした人生だったと思います。
 
私が塚本社長のこの話を聞いたのが丁度30歳の時でした。私も会計事務所を創業して間もない時でしたので、早速自宅に帰って会計事務所の50年計画を自分なりに創りました。その時の計画は50年を掛けてお客様の数(顧客数)を1,000件にするというものでした。
40年経過した現在700件を超えるお客さんが出来ました。まだ50年計画完成まで10年有るので1,000件を目指して頑張りたいと思っています。


2016年08月10日

「IT」と「IOT」の違いについて

先日、「ソフトバンク」が英国の半導体設計大手の「ARM」と言う会社を買収したと新聞に記載されていました。
 金額は約3.3兆円で日本の会社が買収した金額としては過去最大であった様です。
今後「ソフトバンク」は「ARM」と言う会社を中核とした、「IOT」の世界でさらなる飛躍を狙うと書かれていました。
 
 当初私は「IT」「IOT」を同じ様に思っていましたが調べてみると、その違いが解りました。
 
 「IT」は「Information Technology」の略で日本では「情報技術」と訳され、特にコンピュータなどの機械や器具、およびその内部で作動するソフトを用いて情報を扱う技術のことを言います。
 
 「IOT」は「Internet of Things」の略で、直訳では「モノのインターネット」と言うようですが、その中味は主にパソコン等のIT関連機器が接続されていたインターネットにそれ以外の様々なモノを接続することを意味します。
様々なモノとはテレビやDVDプレーヤー等のデジタル情報家電だけでなく、あらゆるモノがインターネットに接続され、大きく以下の3つに分類されます。

   1.パソコン類
   2.機械類
   3.その他のモノ

その結果、車にインターネットが接続され自動運転が可能となり、家にインターネットが接続されることにより、遠隔操作で家庭電化製品を動かす事が出来る様になります。既に一部ではその様になっていますね。
 
 そのような未来の社会を想定して「ソフトバンク」は、[ARM]を買収した様です。
 
 


2016年07月11日

「IT技術」の進歩の凄さについて

我々会計事務所の業界では、今「フィンテック」と言う言葉が盛んに使われています。
 
「フィンテック(Fin Tech)」とはどの様な意味かと言いますと、「Finance(金融)」と「Technology(技術)」を組み合わせた造語で、金融業界に革新を起こす「IT技術」と言うことです。
 
 具体的に会計事務所にどの様な影響があるかと言いますと、自動車の運転が「IT技術」により、運転手が要らない自動運転に変わっていく様に、我々会計事務所が主な仕事にしている会計帳簿の作成や決算書の作成が「IT技術」により自動的に作成されてしまうということです。
 
 今後10年以内に「IT技術」の進歩により、社会が大きく変化していく様な気がします。
その為には私達は「IT技術」を勉強していかなければならないとつくづく思います。
 
 


2016年06月09日

「インターネットの世界」とIT機器

私のインターネットとの関わりは、Windows95からですので、約20年になりました。
今ではパソコンの前でインターネットを介して一日中仕事をしている人も多く居るようです。私も事務所に居るときは、殆どパソコンを使って仕事をしています。私は3ヶ月に一度病院へ「定期健診」に行きますが、医師の先生は、最初にチラッと私の顔を見るだけで、後は殆どパソコンを診て会話をしています。
 
2~3年まえに「タブレット」を購入して使うようになりました。現在は主に毎日の「スケジュール」と「日記の記入」の為に使用しています。
 
そして昨年暮れに「スマートホン」を購入して使うようになりました。スマートホンは電話機能を使う為に購入したのですが、他に様々な機能があることが解って来ました。現在では、インターネット、ライン、メール、Facebook、等の機能を使うようになりました。
 
これからは、インターネットを使って、「パソコン」「タブレット」「スマートホン」のそれぞれの機能を連動(同期)させることを学んで行きたいと思って居ます。ただ今はまだ「パソコン教室」で勉強中ですが、すばらしい「インターネットの世界」が有るような予感がしています。
 
 




 加藤 繁 
税理士法人 森田経営
代表社員

昭和40年2月23日生
主な資格:税理士、行政書士

※ 現在、市役所、公民館、商工会議所等で経営・簿記・税金等の講師としても活躍中

加藤 繁
税理士法人 森田経営
代表社員

昭和40年2月23日生
主な資格:税理士、行政書士

※ 現在、市役所、公民館、商工会議所等で経営・簿記・税金等の講師としても活躍中


«   2016年10月   »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          





  • RSS
  • RSSとは




このページのトップへ


Copyright(C) Netartz. Co., Ltd. All Rights Reserved.