2017年01月10日

昨年の黒字率(申告した件数の内、黒字の会社の割合)について

 当社では5年前(2012年)より法人のお客様の黒字率の集計を行っています。
5年間の推移は下記の通りです。
 
2012年 申告法人 272件 黒字件数 156件 黒字率 57%
     1件当たりの経常利益 209万円
2013年 申告法人 272件 黒字件数 146件 黒字率 54%
     1件当たりの経常利益 270万円
2014年 申告法人 291件 黒字件数 176件 黒字率 60%
     1件当たりの経常利益 461万円
2015年 申告法人 294件 黒字件数 190件 黒字率 65%
     1件当たりの経常利益 510万円
2016年 申告法人 303件 黒字件数 180件 黒字率 59%
     1件当たりの経常利益 488万円
                    
 国税庁が発表している黒字率は2014年度で33.3%です。
また景気のバロメーターでもあります交際費の支出額も3年連続で増加しています。
 
 国税庁の発表に比べれば当社のお客様の黒字率は2014年で60%であり、黒字の会社が多いことになります。さらに当社の5年間の推移をみてみますと、黒字率はほぼ横ばいですが、1件当たりの経常利益は増加の傾向にあります。
当社は西三河地方のお客様が多いので、トヨタ自動車の影響もあり他方に比べれば景気は良く、恵まれているからかもしれません。
 
 毎年感じることですが、業績の良い会社と良くない会社の格差がだんだんと広がっている様に思います。
今年も業績の良い会社と良くない会社の差は益々広がっていくと予想しております。皆様の会社の業績が良くなって行く様願っております。
 


2016年12月12日

「黒字化の為の改善6項目」について

国税局の統計に拠ると現在約70%の会社が赤字経営です。黒字の会社は30%弱です。
当社も赤字のお客様を何とか黒字にしようと日夜考えているのですが、赤字体質の会社は毎年赤字でなかなか黒字に成りません。
しかし下記の「黒字化の為の改善6項目」を着実に実践する事により、黒字経営に変わることが出来ます。
 
「黒字化の為の改善6項目」

1.売上を上げる
 当たり前のことですが、経営者は営業、商品開発等売上を上げる努力をする事です。
売上の計算は「商品の価格×数量」や、「お客様の数×お客様1人当たりの単価」ですので、この計算を念頭に考えると良いと思います。
 
2.変動費を下げる
 変動費とは、売上の変動に応じて変動する費用で「仕入商品、原材料、外注費等」の費用で、比較的金額が大きい費用です。
売上金額に対して、これらの変動費の割合を下げる努力をする事です。
 
3.固定費を下げる
 固定費とは、売上の変動とは関係なく発生する費用で、「人件費、交際費等」の一般経費です。
無駄な費用を減らす事で固定費は下げることができます。
 
4.得意先の見直し
 儲けさせてくれるお客様は誰か、お客様の見直しをする事です。
 
5.商品(サービス)の見直し
 自社の「取り扱っている商品、サービスの方法」を見直す事です。
 
6.生産性を上げる(スピード)
 何事も質良く早く出来ないかを考える事です。
 
 改善6項目の1~3は数値目標を考えることであり、4~6は行動計画(アクションプラン)を考えることです。
 
 当社のお客様もこの6項目を実践することにより、少しずつ黒字の会社が多くなり、現在では60%を超えるお客様が黒字経営をしています。
是非試してみてはいかがでしょうか。


2016年11月10日

古希を迎え思うこと

 私の生年月日は1946年の11月11日ですので、もうすぐ70歳の誕生日を迎えます。
古希とは、中国の諺で「70歳まで生きる人は古来より希である」と言う事からお祝いしようと「古希のお祝い」が出来た様です。
 しかし現在では、平均寿命が80歳を超え、希ではありませんし、まだまだ古希を迎えた多くの人々は社会で活躍しています。
 
 私も現在はまだ現役で仕事をしていますが、出来れば生涯を掛ける、次の「3つの思い」が実現できればと思って居ます。

1. 生涯現役
   死ぬまで、社長で仕事をすると言う意味ではありませんが、生涯何らかの方法
   で会社や社会に貢献出来ればと思っています。
 
2.生涯勉強
   私は税理士なので、生活のリズムとしてこれからも「生涯、税金や経営の勉強」
   が出来ればと思っています。
 
3.生涯青春
   米国のサミュエル・ウルマンの「青春」と言う詩の中で冒頭次の様な一節があり
   ます。
   青春とは人生の或る期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。
   優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心、安易を振り捨
   てる冒険心、こう言う様相を青春と言うのだ。」
   この「青春」と言う詩の様な思いで、積極的な毎日が送れたらと思います。
 
上記の事柄も健康でないと出来ないことなので、何事も健康第一ですね。
 
 
 


2016年10月11日

来年の経営計画と経営戦略

森田経営では、毎年10月に入ると翌年の経営計画の準備に取り掛かります。
(通常経営計画は決算終了の3ヵ月前から準備に取り掛かるのがベストであるといわれています。12月決算法人なら10月から、3月決算法人なら1月からです。)
3ヶ月の間に段階的に経営計画を作成して行きます。

   1.経営計画の第一段階(長期ビジョンの作成)
翌年の経営計画作成の第一段階は、まず長期の我が社の未来像(ビジョン)を考えることです。
10年~20年先の我が社のあるべき姿、理想像を思い浮かべます。理想像は漠然で良いので、可能な限り大きな理想が良いと思います。
具体的には、仕事に対する考え(経営理念)や、会社の売上高や社員数や設備等(規模)です。
 
   2.経営計画の第二段階(中期経営計画の作成)
上記の第一段階の我が社の理想像に基づき、具体的な我が社の3年~5年先の「中期経営計画」を作成します。
森田経営では、5年ごとに作成して、毎年見直しをしています。
昨年40周年でしたので、第8次5ヶ年計画が終了して、今年から第9次5ヶ年計画が始まりました。第9次5ヶ年計画の終了の年は2020年で東京オリンピックの年です。
 この3年~5年先の「中期経営計画」の作成が、全体の経営計画の中で最も重要な所です。
なぜなら、この「中期経営計画」を実現させるためには、実現させる為の方法(経営戦略)が必要であり、「経営者として最も重要な仕事は、経営戦略を考えること」と言われているからです。

   3.経営計画の第三段階 (単年度計画の作成)   上記の第二段階の経営者の経営戦略により作成された、「中期経営計画」に基づき翌年の一年間の計画を「単年度計画書」と言い、通常銀行等に提出する「経営計画」はこの「単年度計画書」のことです。

 
  建物を建てる時、「設計図」が必要と同じ様に、経営をして行く上には、必ず「経営計画書」が必要です。 しっかりした経営計画書を作成しましょう。


2016年09月10日

ワコールの50年計画について

ワコール(高級女性下着メーカー)の創業者である塚本幸一氏の講演を京都の国際会議場で今から約40年前に聞く機会が有りました。
 
 当時ワコールはすでに創業35年が経過しており、世界のあちこちに工場があり、創業者の塚本社長は日本で有名な経営者のひとりに成っていました。
 
 その京都国際会議場で「有名なワコールの50年計画」についての話を聞きました。
内容は簡単に言うと、次の様なものでした。
創業して最初の10年間は、国内市場開拓の10年。(1950年台)
次の10年は、国内市場確立の10年。(1960年台)
さらに次の10年は、海外市場開拓の10年。(1970年台)
その後の10年は、海外市場確立の10年。(1980年台)
そして最後の10年(1990年台)で世界のワコールとして、女性の下着メーカーとしては、世界のナンバーワンに成るという計画でした。
 
塚本社長は、「1人の人間が50年の歳月を掛けて、1つのことに真剣に打ち込めば、その道の世界のナンバーワンに成ることが出来る」と言う、講演内容でした。
塚本社長は20歳半ばに創業して77歳で逝去しました。正に50年計画を全うした人生だったと思います。
 
私が塚本社長のこの話を聞いたのが丁度30歳の時でした。私も会計事務所を創業して間もない時でしたので、早速自宅に帰って会計事務所の50年計画を自分なりに創りました。その時の計画は50年を掛けてお客様の数(顧客数)を1,000件にするというものでした。
40年経過した現在700件を超えるお客さんが出来ました。まだ50年計画完成まで10年有るので1,000件を目指して頑張りたいと思っています。




 加藤 繁 
税理士法人 森田経営
代表社員

昭和40年2月23日生
主な資格:税理士、行政書士

※ 現在、市役所、公民館、商工会議所等で経営・簿記・税金等の講師としても活躍中

加藤 繁
税理士法人 森田経営
代表社員

昭和40年2月23日生
主な資格:税理士、行政書士

※ 現在、市役所、公民館、商工会議所等で経営・簿記・税金等の講師としても活躍中


«   2017年01月   »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        





  • RSS
  • RSSとは




このページのトップへ


Copyright(C) Netartz. Co., Ltd. All Rights Reserved.