2020年07月10日

耳から読書

最近、本を読むことが少なくなってきました。

夜、本を読んでいてもしばらくすると眠ってしまうのでなかなかページが進みません。去年は1冊の小説を読むのに1年近くかかってしまいました。

 

もう少し読書量を増さなければと思うのですが、買った本も読まずに積まれたままになってしまいます。

なんとかしないといけないと思っていたら、アマゾンから“Audible”という本が聴けるアプリがあると知り、最初の1冊は無料ということなので早速ダウンロードしてみました。

ビジネス書で売れている「FACT FULNESS」という本を読む(聴く?)ことにしましたが、スマホから本の朗読が流れてきます。

散歩するときはイヤホンで、夜寝るときはスピーカーから聴いてみましたが、なかなか便利なものです。

 

活字を目で追って読むという行為はエネルギーをかなり使いますが、耳から流れてくる音声を聞き流すだけなので、それほど苦にならず読む(聴く)ことができました。

内容は統計学的で少し難しいものでしたが、理解はでき参考になりました。

これを書籍で読んでいたら、きっと途中で挫折していたに違いありません。

 

目で字を読むという行為に比べると、頭に入りにくいとか漢字が読めなくなるというデメリットはあると思いますが、本の内容によって使い分ければ有益な道具になりそうです。

今のところの欠点といえば、選択する本の数が少ないことと、値段が少し高めで月額1,500円で1冊しか読めないというところでしょう。(もちろん追加料金を払えば何冊でも読むことができます)

「FACT FULNESS」の例で言えば、紙の書籍なら1,980円ですが、Audibleだと3,500円になるので、倍とは言わないまでもかなりの割増し料金になります。

これらの問題も利用者が増えれば、今後改善されていくと思います。
新しい読書のあり方として選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか。


2020年06月10日

話題の漫画

前月のブログで巣ごもり期間中に見た映画の話をしましたが、今月は漫画を紹介します。

去年から話題になっていた「鬼滅の刃」という漫画です。

すごく人気がありブームになっていると聞いたので、去年の秋頃一度ネットフリックスでアニメを見始めました。1話から5話ぐらいまで見たのですが、期待していたほど面白くなかったので途中で見るのをやめてしまいました。


それが最近、連載が終了するということでまた大きくマスコミ・雑誌に取り上げられているのを見て、何がそこまで面白いのか不思議に思い、今回は漫画本を1巻から読むことにしました。

最初のほうはアニメで見ていたので、やはりあまり面白くないと思いましたが、我慢して読み進めました。

ところが徐々に話に引き込まれ、途中から止められなくなり一気に発売されている巻まで読んでしまいました。 


ストーリーとしては、主人公の妹が鬼にされてしまい、その妹を人間に戻すために鬼を退治していくというようなもので、それほど奇抜なものでもなくある意味単純な話です。

何が引き込まれるかというと、主人公の味方や鬼の人間性を巧みに描写して、何か哲学的なものを感じるところです。

敵となる鬼も最初から悪かったわけではなく、鬼になってしまった悲しい過去があるという描写があり、憎いだけの相手ではなく同情してしまうところもあり心が動かされます。

漫画本といえば基本は子供が読むものだと思っていましたが、奥の深さに感心しました。

興味を持った方は一度手にとってみてもいいのではないでしょうか。


2020年05月10日

華麗なる大逆転

新型コロナウイルスの影響で外出が規制され、家の中で過ごす時間が多くなり、こういう状況では仕方ないので家で映画を見ることにしました。

ラブストーリー、サスペンス、ホラー、コメディなど種類は色々ありますが、少しは勉強になるものをと思い、経済・金融関係の「THE BIG SHORT」という映画をチョイスしました。


リーマンショックのときにサブプライムローンが債務不履行になり、住宅バブルが崩壊するのを事前に察知して大儲けした人の話で、専門的な用語が多く途中で用語解説も入り少し難しかったですが、一気に見てしまいました。

誰も耳を貸してくれず馬鹿にされながらも、最後にウォール街の優秀な人たちを出し抜くといくストーリーは、副題にあるように「華麗なる大逆転」でした。

多くの人が経験したであろう、あのリーマンショックのときに、大暴落を逆手に取って大儲けした人がいたとは。。


タイトルの「SHORT」とは“空売り”のことで、債権が高いときに売って、暴落してから買い戻しその差益を得るというものです。

普通は買ってから売るものですが、その逆をいく手法です。

多くの人が絶望の淵に立たされたときに、笑っていたとはどういう気分だったのでしょう。

ある意味人の不幸を利用したような儲け方なので、個人的にはあまり好きではありませんが。

金融市場崩壊とウイルス感染という原因は違うが、ちょうど今同じような状況になっています。

映画のようにこの世界的ウイルス感染という中で、笑っている人がいるのではないかと思ってしまいます。

私達は今こそ人類皆力を合わせてこの難局を乗り越え、世界中の人が笑顔になれる日が早く来ることを祈ります。


2020年04月10日

コロナウイルス感染拡大の影響

連日、新型コロナウイルスの感染拡大を伝えるニュースが流れています。

緊急事態宣言も全国に広がり、いつ収束するのか目処がたたない状況です。

ただこのような暗いニュースのなかで、東京都内の交通事故が15%減っているようです。
警視庁によると、1月から3月までの交通事故の件数は6,664件で、去年の同じ時期に比べて15%、1,176件減少しました。
新型コロナウイルスの感染拡大で外出を自粛する動きが広がり、交通量が大幅に減少したためとみられます。
ただ、事故による死者は5人増えて34人となっています。交通量が減って車のスピードが出やすくなっているうえ、歩行者の飛び出しも増えたためとみられています。

こういう異常事態のときは、落ち着いて行動しないとさらに悪いことが重なります。


世界規模での動きなので、個人レベルではどうあがいてもどうにもなりません。

今はじっくり腰を据えて収束後の動きを予測しながら、戦略・戦術を練り直しましょう。


2020年03月10日

コロナショック

かつて1970年代に原油の供給逼迫および原油価格高等で世界経済が混乱し、通称オイルショックを呼ばれる不景気が起こりました。その影響で原油価格と直接関係ないトイレットペーパーや洗剤の買い占め騒動が起こり、日本中がパニック状態になりました。

昔学校で習ってそんな時もあったのか、と思っていたら、今まさにその状態が起こっています。

 

発端は新型コロナウイルスの感染拡大を受けたマスク不足からです。確かにマスクは感染予防には必要ですが、どこを探してもないので諦めました。

特になければ生活できないものではなく、リスクが高まるというだけの話です。

 

ところがトイレットペーパーやティッシュがなくなると、日常の生活に支障をきたします。トイレットペーパーがないトイレに入ったところを想像してみると、、、どうしていいのかわからずパニック状態です。

いざとなれば新聞紙??? いやいやとても無理そうです。

やばいと思い、我が家の在庫確認をしたところ、少しはあるが十分とは言えません。

慌ててドラッグストアに走りましたが、すでに棚に品はなく、空っぽのダンボール箱が無造作に置かれていました。

近くの店舗も回ってみてもどこも同じ状態で、まさに緊急事態発生ということで、家族で使用制限を行いました。

 

結局は「中国でトイレットペーパーなどの紙製品が生産されなくなり、日本で大規模な不足が発生する」という、インターネット上のデマだったようです。

情報化社会になり、どんな情報もあっという間に拡散してしまうので恐ろしいものです。

 

「大衆の愚かな行動」「デマに踊らされている」とバカにされても仕方ありませんが、真実かどうか確認がとれないと、身の保全のために慌ててしまった自分が情けない。

ただ本当に、たまたま在庫切れになった人たちはどうしたのでしょう。

デマとはいえ、実際に手に入らないとなるとどうしようもありません。

やはりそのときは新聞紙か・・・。




 加藤 繁 
税理士法人 森田経営
代表社員

昭和40年2月23日生
主な資格:税理士

※ 現在、市役所、公民館、商工会議所等で経営・簿記・税金等の講師としても活躍中

加藤 繁
税理士法人 森田経営
代表社員

昭和40年2月23日生
主な資格:税理士

※ 現在、市役所、公民館、商工会議所等で経営・簿記・税金等の講師としても活躍中


«   2020年07月   »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  





  • RSS
  • RSSとは




このページのトップへ


Copyright(C) Netartz. Co., Ltd. All Rights Reserved.