2010年03月10日

最悪の個人確定申告

 今、税務会計事務所は、21年分の所得税の確定申告の時期で忙しい時期を迎えています。
 私も毎日十数件の主に個人事業主の決算書や申告書をチェックしています。私はこの会計業界へ入って40数年になりますが、決算書をチェックしていて感じる事は、法人と個人の決算書を含め一昨年(平成20年)と昨年(平成21年)と比較して売上の減少率が最悪であると言うことです。
 通常経験値で言いますと、売上が前年比で二割位までなら、減少しても何とか経費を節約したり、経営陣の給料を下げたり、仕入先や外注先の見直しをしたりして、経営を立て直す事が出来ます。
 しかし、売上が前年比三割以上減少すると、従業員を解雇するとか、銀行の借入金の返済をストップしたり等をしないと通常資金繰りに行き詰まり、倒産の危険性があります。
 現在決算書をチェックしていて、売上が前年比三割以上減少した会社が非常に多いと言う事です。
 デフレの問題も直ぐには解決出来ず、最低でも5~6年は掛かりそうです。企業の存続を賭けて思い切った手を打たなければならない、企業が多い気がします。


2010年02月10日

経営戦略について

 前回は、経営者が経営するに当たり、「最も重要な仕事」とは、何かと言う事で、このブログを書かせて頂きました。それは、「自らの経営理念に基づく、自分の会社の3年後、5年後、10年後の未来像(ビジョン)を持ち、そしてその未来像を実現する為の経営戦略を考える事」です、と書かせてもらいました。そして今回は、その未来像を実現する為にどの様に経営戦略を考えたら良いのか、と言う事をお話ししたいと思います。
 経営戦略を考える場合には、昔から言われている、経営の3要素「人、物、金」の要素別に考えると良いと思います。最近では、3要素に「情報」の要素を加え4要素とする場合も有ります。

 ここでは、3要素で考えてみたいと思います。
1.物・・・3要素の中で最も中心になるのが「物」の部分です。物とは、「お客さん」と「商品(サービス)」です。どの企業でも、「お客さん」と「商品」の無い企業は有りません。自社は、どの様なお客さんにどの様な商品を売って利益を出すのか、ここの所が一番重要です。
2.人・・・お客さんに商品を売る場合、売るのは「人」です。売る為にどの様な人を採用して教育したら良いのか、考えなければなりません。
3.金・・・金とは財務の問題です。特に資金繰りについて考えなければなりません。毎月入る予定の金額と出て行く予定の金額を考え、出て行くお金の方が多くならない様にしなくてはいけません。


2010年01月10日

経営者の最も重要な仕事

 経営者が自分の会社を経営する上で最も重要な仕事とは、何でしょうか?

 経営者の方々に、上記の質問をしてみると、様ざまな答えが返ってきます。それは、「良い人材を育てる事だよ」とか「良いお客さんを見つける事だよ」とか、また「技術を身に付ける事だよ」とか「信用を得る事だよ」とか「お金を貯める事だよ」とかです。これらの事も皆重要な事柄だと思います。

 しかし最も重要な仕事とは、一般的に『経営者は、自らの「経営理念」に基づく、自社の3年後、5年後、10年後の未来像(ビジョン)を持たなければなりません。そしてその未来像を実現させる為の「経営戦略」を考える事』と言われています。

 年頭に当たり、まず自分の会社の3年後、5年後等の理想の未来像を考えたら如何でしょうか。3年後、5年後の自分の働く姿や、自社の様子が、鮮明に脳裏に思い描く事が出来れば、80%は、実現したようなものだと言われています。そしてその未来像の実現の為に、「経営戦略」を考えるこが、経営者にとって、最も重要な仕事と思い、この一年頑張って下さい。


2009年12月10日

私の人生に良い影響を与えてくれた人々

 今までに、私の人生に良い影響を与えてくれた人々は多くいますが、私の場合は「人生の師匠」として、また「心の糧」として最も尊敬出来る人物というと、次の三人ではなかろうかと思います。

1.中村天風
 明治、大正、昭和と生きた人です。昭和43年92歳で亡くなりました。 
 20歳代は、日清、日露戦争に軍事探偵として参戦しましたがロシア軍に捕まり、絞死刑になる処を日本軍に助けられました。
 30歳代は、結核になり、結核を治すため、数年医学の勉強の為世界中を回りましたが治らず、日本で死のうと思い帰国の途中に、「カリアッパ」というヨガの先生に会い、治して貰うことが出来ました。
 帰国してからは、実業家となり、銀行業を始め、頭取になり、大富豪になりましたが、心の満足は無かった様です。
 40歳代で天風さんは、財産を国家に寄付をして、妻に「握り飯」を作ってもらい、日比谷公園等で「辻説法」を初めました。そこで「天風理論」を解説しました。
 「天風理論」を一言でいうと「積極一貫」といいまして、物事の判断基準で消極と積極があれば、「どんな時でも、積極的な方を貫きなさい」という事です。そして『消極的な言葉は、たとえば「疲れた」とか「もう駄目だ」「限界だ」等の言葉は使ってはいけませんよ』という教えです。
 天風さんを師と仰いだ人の中には、東郷平八郎、原 敬、山本五十六、松下幸之助、稲盛和夫、双葉山、等有名人が多くいます。

2.安岡正篤
正篤さんは、漢学者で「外平らにして、内成る」と言う、中国の言葉から、「平成」と言う「元号」を政府に提案した人として有名で、著書も多くあり、皆さんの中にも正篤さんを知っている方は多いと思います。

3.稲盛和夫
稲盛さんは、まだ現在も活躍してみえる方で、「京セラ」や「KDDI」の創業者として余りにも、有名なので、皆さん良く知っている人だと思います。


2009年11月10日

税務職員が行う税務調査の方法について

税務調査の3回目で今回は、税務調査があった場合の税務職員が行う税務調査の一般的な方法についてお話ししたいと思います。

(1)概況の聞き取り
 税務職員は通常午前10時前後に訪問します。そして約1時間位は事業主に事業主の家族構成、社長の経歴や会社の歴史、現在の仕事の内容等の聞き取り調査をします。
それから現場の視察調査をします。

(2)売上の計上漏れの調査方法
 税務調査で一番多いのが売上漏れです。売上が発生する受注の方法を聞いた上で税務職員は次の様な書類をチェックします。
 売上関連の見積書、注文書、納品書、請求書、領収書、社長や社員の方の売上に関するメモ帳等です。

(3)仕入在庫・製品在庫の計上漏れの調査方法
 売上漏れの次に多いのが在庫漏れです。商品や材料や貯蔵品の在庫漏れは、期末近くに仕入れた仕入れ状況を見ます。また仕掛品や製品については、翌期首以降に売り上げた売上状況を見ます。

(4)固定資産の計上漏れの調査方法
 固定資産に計上しなければならない資産を経費にしてしまう例やまだ使える資産を除却処分する例も時々あります。これらに対処するため、工場内の機械等の固定資産の配置図を求めたり、無い事業所については、税務職員は自分で作成して、計上されている固定資産の明細とチェックします。

(5)架空仕入・架空外注の調査方法
 これらの悪質な行為については、売上げ先との関連や、場合によっては、仕入先や、外注先の反面調査と言って、相手先を確認調査します。 

(6)架空人件費の調査方法
 これらについては、出勤簿、タイムカードや建設業等については出面帳等をチェックします。

以上が主に税務職員が行う税務調査の方法です。




 加藤 繁 
税理士法人 森田経営
代表社員

昭和40年2月23日生
主な資格:税理士、行政書士

※ 現在、市役所、公民館、商工会議所等で経営・簿記・税金等の講師としても活躍中

加藤 繁
税理士法人 森田経営
代表社員

昭和40年2月23日生
主な資格:税理士、行政書士

※ 現在、市役所、公民館、商工会議所等で経営・簿記・税金等の講師としても活躍中


«   2010年03月   »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      





  • RSS
  • RSSとは




このページのトップへ


Copyright(C) Netartz. Co., Ltd. All Rights Reserved.