2019年06月10日

キャッシュレス化

PayPayが大規模なキャッシュバックキャンペーンを行ってから、QRコード決済等の電子決済が一気に増えたような気がします。政府もキャッシュレス化を推進していくようなので、今後ますます増えていくでしょう。

そこで、キャッシュレス化のメリットを考えてみました。

 

1.コンビニなどでの決済が早い
財布からお金を数えて出しお釣りをやり取りするより、タッチするだけなので早い

 

2.お金は汚い

お札でも硬貨でもお金は色々な人が触り洗うことはないので汚い

そのため触ると手が汚れる(私はあまり気にしたことはありませんが・・・)

 

3.使用明細が把握できる

電子決済にすると支払額や支払先がデータとして残るので利用履歴が残る

 

4.ポイントがたまる

クレジットカードや電子マネー等の電子決済で支払うとポイントが付きお得

 

思い付くものを列挙しただけでも上記のメリットが考えられます。

これに対し、デメリットは何でしょうか?

電子マネーを使われる店側は、手数料がかかるのでその分利益が減ってしまい損をします。

使う側はお金という実物がなく、データ上でやり取りするので不安を感じる人もいるでしょう。

セキュリティに関しては、かなり高度化しているので普通に使う分には問題ないと思いますが、リスクがあるのは否定できません。

 

キャッスレス化を進めるに当たって一番の問題は、子供の頃からスマホやコンピューターに慣れている若い人は抵抗なく使えると思いますが、それなりの年齢の人にはチャージやQR決済は少しハードルが高いのではないでしょうか。

さらにポイントの獲得の仕方や使い方も、意外と理解するのに苦労します。

ただ、メリットデメリットを考えていても、今後世の中はキャッシュレス化に進んでいくのは間違いないので、取り残されないようにしっかりついていきたいものです。

 


2019年05月10日

ゴールデンウィーク10連休

 

今年のGWは過去に前例のない「最大10連休」となりました。(実際10日間すべて休めた人は22%だったようです)

連休中には新天皇即位で皇居には沢山の人が集まり、街では新元号を祝いお祭りムード一色で、郡上市では徹夜踊りなども開催されたようです。

また海外旅行にでかけた人も多く、10連休を満喫されたことでしょう。

 

その一方で、10連休は長すぎたという意見もあります。

休み中に行楽地に行くと交通渋滞もあり疲れて大変ということもありますが、出かければそれなりに支出を伴う、そんなに休みがあってもお金がもたない等々、人それぞれ思うところは違うようです。

 

地元しゃぶしゃぶ店「木曽路」は1950年の創業以来、年中無休でしたが5月7・8日の2日間、全店舗で一斉休業としました。

創業以来年中無休だったということに驚きましたが、働き方改革の一環としてということで、これも時代の流れなのでしょうか。

 

日本人は有給取得率も低く、働きすぎだとよく言われます。

今後は仕事の効率化をはかり、労働生産性を上げ長時間労働を是正していかないと選ばれ生き残る企業にはなれません。

「働き方改革」にどのように対応していくか、経営者の悩みはつきません。


2019年04月10日

ついに発表 新元号「令和」

4月1日に新元号『令和』が発表されました。
今回は新元号発表まで時間があったため、新聞・マスコミ等はこぞって予想合戦を繰り広げていました。なるほどと思われる案もあれば、それはないでしょうと思うものもあり、発表されるまで楽しいひと時を過ごさせてもらいました。

発表されたときは、「え~何これ?」と思われた人も多かったのではないでしょうか。

私の記憶では予想リストの中にはなかったように思います。あまりに世間が予想しすぎるので、当たったと言われるのが嫌で、なんとか予想リストにないものを考えたのではないでしょうか?


それはさておき、『令和』に込められた意味は、「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」ということで、「万葉集」から引用したようです。

すぐさま『令和』商戦がスタートしたようで、上手に活用して儲ける人もでてくるのでしょう。


決まるまでは、なんとなく落ち着かなかったのが、これで少しほっとした気がします。個人的に影響があるといえば、今ワープロを打つにあたって「れいわ」と入力しても「令和」と変換されないので面倒なぐらいでしょうか。

これから「令和元年」がスタートします。昭和、平成に続き3つ目の元号を生きると思うと、何故かとてつもなく年をとった気がするのは私だけでしょうか。


2019年03月10日

カリスマ経営者

日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告が釈放されました。

作業着を着て変装するという想像していなかった登場で、弁護士の提案だったということですが、それがいいのか悪いのか判断できないような精神状態ではなかったのでしょうか?107日も身柄を拘束され、10億円もの保釈金を払ってやっと出てこられた気持ちは本人しかわからないでしょう。

つい半年前までは誰もが尊敬するカリスマ経営者で、話しかけるのはもちろん、近づくことさえも憚られるオーラをまとった人物があっという間に転落していくさまは、まるで映画を見ているような気がします。
詳しいことはわかりませんが、罪を犯したことが事実なら、反省し罪をつぐない、復活してその類まれな能力を世の中のためにまた使って欲しいと思います。

「無罪請負人」と呼ばれる弘中弁護士軍団が弁護することになり、今後の行方が注目されます。

ただ、この一連の動きにはゴーン被告だけではなく、日産・三菱・ルノーそれからフランス政府・日本政府がからむ国際的な問題のような気がするのは私だけでしょうか。


2019年02月08日

プロ野球春季キャンプ

いよいよプロ野球のキャンプが始まり、春の訪れを感じます。

地元中日ドラゴンズのキャンプも注目のルーキー根尾選手が入団し、例年になく見学客が多いようです。去年も松坂投手の入団で見学客が増えましたが、今年は更に増え、ここ数年下位に低迷し地味で暗いイメージの中日に春が来た気がします。後は与田新監督の采配でペナントレースを勝ち抜き、Aクラスと言わず優勝してくれれば、愛知県をはじめとする東海地方に活気が出そうです。
ところで、もう一つ注目しているのが大型補強を行い、監督も新しくなった巨人です。お金と権力で有力選手をかき集めるやり方は相変わらずで、今年は広島の丸選手を獲得しました。補強選手だけをみているとやはり巨人が優勝か、と言いたくなるところです。

ただ気になるのが他球団のドラフト指名を拒否してまで入団し、長年チームに貢献し巨人愛に溢れた長野選手や内海投手を、意図的ではないとしても放出したことです。2人は個人的な成績以外にもチームにプラスになる要素を持っていたのではないでしょうか?

野球は柔道やマラソンと違い、個々が自分の役割を果たすことによって、チームとして勝利という目標に向かって協力していくスポーツだと思います。
 

会社経営も同じようなもので、いくら優秀な人材を集めても、それが組織として機能しなければ崩壊していくでしょう。

原監督がどのように個の能力が高い選手をまとめ、勝利を上げていくのか注目です。




 加藤 繁 
税理士法人 森田経営
代表社員

昭和40年2月23日生
主な資格:税理士、行政書士

※ 現在、市役所、公民館、商工会議所等で経営・簿記・税金等の講師としても活躍中

加藤 繁
税理士法人 森田経営
代表社員

昭和40年2月23日生
主な資格:税理士、行政書士

※ 現在、市役所、公民館、商工会議所等で経営・簿記・税金等の講師としても活躍中


«   2019年06月   »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            





  • RSS
  • RSSとは




このページのトップへ


Copyright(C) Netartz. Co., Ltd. All Rights Reserved.