2020年12月10日

年の瀬を迎えて

今年もいよいよ残り1ヶ月をきりました。

去年の今頃は、新型コロナウイルスでこのような状況になるとは思ってもいませんでした。

東京オリンピックの年でもあるので、景気も上昇し明るく楽しい年になると思っていましたが、年明けからまさかまさかの展開になり、まさにコロナに振り回された1年でした。

 

今年はどういう年だったかと振り返っても、あまり良い出来事はありません。

ただ、その中でも株価は高値を維持し、経済は今の所それほどパニック状態にはなっていないのは、国が支えているおかげなのでしょう。

補助金・助成金・給付金・無利息貸付で経済をなんとか支えたのは、評価できると思いますが、1点「アベノマスク」は如何なものだったでしょうか。

 

先日流行語大賞も発表されましたが、ほとんどがコロナ関連でした。

そのなかで唯一明るい話題は、「鬼滅の刃」です。

漫画・映画も含めてこれだけヒットすると、世間は盛り上がり明るくなります。

私も話題に乗り遅れまいと映画を観に行きました。

巷では感動して良かったという人が多いようですが、私の印象は違いました。

主人公が悪い鬼を倒したところまでは良かったのですが、その後強い鬼が突然どこからともなく現れて準主人公と1対1で戦うのですが・・・。さらに悪いことに・・・。

最後は少し気分の悪い思いでした。

 

やはり漫画「ワンピース」のように、最後には正義が勝たないとスッキリしないものです。

来年は悪であるコロナも消滅(退治)して、正義が勝つごとく日本及び世界が復活することを期待します。


2020年11月10日

ジッダタワー

今は新型コロナウイルスの影響で海外旅行に行くのは難しい状況ですが、今後ワクチンができて落ち着いたら、ぜひ行ってみたい国がサウジアラビアです。

サウジアラビアは砂漠に覆われた猛暑の国なので、旅行のベストシーズンは灼熱が避けられる12~2月です。

サウジアラビアといえば、まず思い浮かぶのはメッカでしょうか。

観光で行った時にメッカは外せないと思いますが、その近くの紅海沿いにジッダという都市があります。現代的な都市景観が多くを占めるサウジアラビアの中で、ジッダは旧市街がかつての姿をよくとどめており、世界遺産にも登録されています。

 

そのジッダで2021年に「ジッダタワー」が完成する予定になっています。

高さが1,008mで、ドバイのブルジュ・ハリファ828mを超え世界一になる予定です。

日本にも高層建物はありますが、東京スカイツリーの634m、大阪のあべのハルカス300mが低く思えてしまうほどの高さです。

2011年にサウジアラビアのゼネコンが総工費約950億円で受注し、当初は着工後3年で完成予定でしたが、サウジの財政危機による工事の中断等がありスケジュールが伸びていて、それがやっと2021年に完成する目処がたったようです。

 

コロナ禍の中でストレスが溜まっている人も多いかと思います。

ジッダタワーに上り天空から下界を見下ろして、ストレス発散してみてはいかがでしょうか。


2020年10月09日

国勢調査

国勢調査の回答用紙が郵送されてきました。皆さんは回答を済まされましたか?

期限が10月7日なので、もう終わっている人がほとんどではないでしょうか。

ずいぶん前にもやった記憶がありますが、すっかり忘れてしまっていました。面倒なイメージがありましたが、今回はインターネットにより回答をしましたので、紙に記入するよりだいぶ簡単でした。

 

何のための調査かというと、将来の国の制度設計や政策立案のため、国が5年に一度行っているのもので、内容は「世帯員の数」や「住居の種類」など、計16項目について回答を求めています。これらの質問に回答された方はどう思われたでしょう?結構細かいところまで聞いてくるな、と思われたのではないでしょうか。

 

例えば、マンションの総階数と住居の階を記入する項目で、そこまで必要なのだろうかと疑問に思ってしまいます。

調べてみるといろいろと理由はあって、マンションの高層階に多数の高齢世帯が住んでいる場合、災害が発生すればエレベーターは止まってしまうので、高齢者の避難対策を定める必要があります。国や自治体が防災計画を練る上で、マンションの高層階に住んでいる高齢の世帯が、どこに何人いるかといったデータは重要になります。

 

言われてみれば、なるほどと思わないことはないですが、単純な質問に答えているだけではそこまで深いものだとは思えず、個人情報の流出を心配し、回答しない人も多いのではないでしょうか。


とりあえず回答を終え、ほっとしました。

余談ですが、以前「国勢調査」とは「国の勢い」と書くので、今後国がどこまで勢いよく走って行けるかを国民に問いかけるものと思っていたら、「国の情勢」という意味のようでがっかりした憶えがあります。


2020年09月10日

マイナポイント

昨年の10月から始まったキャッシュレス還元が6月末をもって終了しました。

私もキャッシュレス還元が始まってから、対象の店ではキャッシュレス決済をするようになりました。あまり還元の実感はありませんが、ある程度の恩恵は受けていたのでしょう。

 

その第2弾としてマイナポイントが9月からスタートしました。

キャッシュレス還元は2%か5%の還元率でしたが、マイナポイントはなんと25%という高還元率です。還元率だけみると驚きですが、実は上限金額が5,000円となっています。

使えば使うだけ還元されたキャッシュレス還元に比べ、2万円の支払いで限度額に達してしまいます。


キャッシュレス還元はキャッシュレス推進を目的にしたものですが、今回のマイナポイントの真の目的はマイナンバーカードの取得です。

通知カードが送られても、なかなかマイナンバーカード取得までには至らないので、飴を使って取得を促そうという魂胆です。

国としては5,000円を払ってでもマイナンバーカードを取得して欲しいのです。

来年3月からマイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになるのも関係しているでしょう。

ただ多くの人がまだマイナンバーカードを取得していない理由に、個人情報が国に筒抜けになってしまうということがあるでしょう。

預金や投資株式等の情報を、国に把握され管理されてしまうことへの懸念です。

そういう人は、5,000円ぐらいでマイナンバーカードを取得しないほうがいいでしょう。

取得するかどうかは、よく考えてから決めたほうが良さそうです。


ちなみの私の家族は全員マイナンバーカードを取得して、マイナポイント@5,000円✕4人=2万円分をすでにゲットしました。

国に知られて困るような資産や個人情報がないので、2万円の臨時収入を優先しました。


2020年08月11日

デジタル遺品

「デジタル遺品」という言葉を知っていますか?

パソコンやスマートフォンなどのデジタル機器を通じてのみ把握できるデータのことです。

例えば、パソコン内に保存されているエクセルデータ、スマホで撮影された写真データ、ネット通販サイト・ネット証券といったインターネット・サービスのアカウント等です。

いずれも実体がなく、遺族による把握・管理が難しいものです。

デジタル機器には通常パスワードが設定されており、そのパスワードを他人はもちろん家族にも伝えてないことが多いのではないでしょうか。

もしデジタル機器の持ち主が突然亡くなってしまったら、どうなるのでしょうか。

ネット銀行やネット証券で取引していた事実を誰も知らなければ、そのまま放置されることになるかもしれません。

定期預金や株式取引なら定期的に残高報告書がメールで届くかもしれませんが、メールアドレスを知らなければ、いつまで放置されるのかわかりません。


私も宝くじで当たった3億円をネット銀行の普通口座に預けていますが、家族を含め誰にも伝えてません。

どこにも痕跡は残しておらず、すべて私の頭の中にあるだけです。

このような状況で突然、交通事故で亡くなったら、そのお金は永久に葬り去られるのでしょうか。

以前は紙幣という実体があるものや通帳という実物があったので、亡くなった後、家の中を探せば思わぬお金が発見されることもありました。

ネット社会になると、すべて仮想空間の中で実体がないものなので、ネット銀行・ネット証券の口座番号・パスワード等を残しておかないと面倒なことになりかねません。

「デジタル遺品」の管理が、今後重要になってくる時代になってきます。


私も早速、家族に伝えておきたいのですが、宝くじに当たった事実もなければ、3億円のお金もない、すべて私の頭の中の妄想(仮想空間)の話なのであしからずご容赦ください。




 加藤 繁 
税理士法人 森田経営
代表社員

昭和40年2月23日生
主な資格:税理士

※ 現在、市役所、公民館、商工会議所等で経営・簿記・税金等の講師としても活躍中

加藤 繁
税理士法人 森田経営
代表社員

昭和40年2月23日生
主な資格:税理士

※ 現在、市役所、公民館、商工会議所等で経営・簿記・税金等の講師としても活躍中


«   2020年12月   »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    





  • RSS
  • RSSとは




このページのトップへ


Copyright(C) Netartz. Co., Ltd. All Rights Reserved.