2011年11月09日

高校のクラス会の開催

先月高校時代のクラス会があり、幹事をさせて貰いました。高校時代は商業課で3クラスでしたので、毎回3クラス合同で開催しています。30歳台からクラス会が始まり、今回で10回目になりました。最近は2年毎に7人の幹事が交代で趣向を凝らして開催しています。今回は約40名の参加者でした。

今回のクラス会の特徴についてお話したいと思います。皆さんがクラス会を開催する時の参考になればと思います。

高校を卒業して47年になりますが、今回のクラス会の最大の特徴は幹事の中にITに強い人が居り、「高校の卒業アルバム」や「過去のクラス会の写真」をパソコンに取り込んで、大型テレビで写し出しました。しかも一人ひとりの名前も書き入れました。音楽も高校時代にヒットした、舟木一夫の「高校三年生」や「修学旅行」等をバックに入れました。30~40分の時間でしたが、参加者全員がテレビの前にくぎ付けになり、大変盛り上がりました。また各人のネームプレートに「高校の卒業アルバム」の写真を入れました。

独自のビンゴゲームや体を使ったゲーム等もあり約3時間足らずの、時間を忘れさす、楽しいクラス会でした。

また反省会を含め4回の幹事会も楽しいひと時でした。



2011年10月10日

「夜間パトロール」と「ごみ拾い」の効用

私の地元町内会では、年に数回「夜間パトロール」や「ごみ拾い」を実施しています。隣組という単位で行っています。私共の隣組は6軒です。夜間パトロールは夜8時より行い、ごみ拾いはだいたい日曜日の午前中に行っていますが、特別の用事が無い限り殆ど全員参加してくれます。
最近我家では、妻に替わって私が参加するようになりました。最初は抵抗がありましたが、今では楽しんで参加しています。それには次の3つの効用があるからです。

一番目は、何と言っても地域社会に貢献していると思うと気分が良いということです。「夜間パトロール」は夜の町内のを防犯のために、「ごみ拾い」は町内一斉清掃で隣組単位でごみ拾いをすることで町内の美化に、それぞれ貢献できていると思っています。

二番目の効用は、運動不足の解消になるということです。私は万歩計を付け、一日一万歩、歩くことを日課にしています。「夜間パトロール」や「ごみ拾い」は約1時間町内を歩くことになるので、良い運動です。

三番目は、地域社会の情報収集に役立つということです。隣組メンバーの皆さんは性格も良く、仲が良いので、約1時間の間は全員が歩きながら喋りっ放しです。私はいつも聞き役で、5~6人の人から色んな話が聞けて本当に勉強になります。

いつまでも健康で、これからもこの「夜間パトロール」や「ごみ拾い」にできるかぎり参加していこうと思っています。


2011年09月10日

企業経営に対する経営者の考え方について(生業から企業へ)

同じ事業経営でも創業間もなく、従業員は家族だけまた他人がいても1~2人の場合は通常、企業とはいわず生業といいます。生業の場合は主に経営者の生活費を稼ぐ目的で事業をします。従業員も数名以上になり、組織で仕事をするような規模になると、通常企業といい、経営者を企業経営者と呼びます。

1.経営理念
経営理念とは、何のために仕事をするのかということですが、生業の場合は経営者が自分の生活費を稼ぐとか、外車に乗りたい、等のために仕事をすることでも良いと思います。
しかし企業となれば、会社の経営理念はすごく重要です。何のために企業経営をするのか、お客さんのため、従業員の成長のため、社会貢献のため等の要素が必要です。

2.会社の将来ビジョン
企業には、その会社の将来のビジョンが必要です。将来自分の勤める会社がどうなる予定なのか、素晴らしいビジョンがあれば、従業員もやる気が出ます。ですから従業員をはじめ、皆が希望の持てる、ビジョンでなければなりません。

3.経営戦略
企業経営における最も重要なことは、経営戦略であるといわれています。
経営戦略とは、現在の自社の現状を認識して、将来の自社のビジョンを実現するために、経営資源である「人」・「物」・「金」を有効に使って行う計画のことです。

企業経営者の方々は、経営理念、会社の将来ビジョン、経営戦略をよく考えることが重要と思います。



2011年08月10日

企業経営と「守・破・離」についての私の考え

「守・破・離」について、インターネットで調べてみると、この言葉をはじめて使ったのは、室町時代の三代将軍足利義満の時代に「能」を育て上げた観阿弥、世阿弥親子だったとのことです。現在では「能」だけでなく、剣道や茶道の世界でも広く使われているようです。どの道においても同じような意味合いで使われています。

その道を極める為の成長段階を示した言葉で、次のように書かれていました。
 「守」・・・ひたすら教えを守り、学ぶこと
 「破」・・・教えの言葉から抜け出し、真意を会得すること
 「離」・・・型に一切とらわれず、自在の境地に入ること

上記の「守・破・離」を企業経営者の成長段階を示す言葉として考えてみると、次の様になるのではと考えます。

「守」・・・企業経営にも様々な原理原則があり経営者はそれらをまず学問として勉強しなければならないと思います。経営者としての勉強です。
「破」・・・経営者としての経験を多く積むことです。経験の中からいろんなことが解ってくるのですが、ここで重要なことは、成功者の話を出来るだけ多く聞いて自分がそれを真似てみることだと思います。
「離」・・・上記の「破」で出来るだけ多くの経験を積み、成功している人の真似をし、いろんな真似の中から独自の方法を考え出す、これが「離」ではなかろうかと思います。


2011年07月10日

経営の「見える化」について 

今日は「経営の見える化」についてお話ししたいと思います。

私の読書方法は、新聞雑誌等は別にして、本は精読主義で200~300ページの本で通常数時間掛かります。特に気に入った本はたまに2度読み返します。

先日紹介した、もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら。という、長いタイトルの本も2度読み直しましたが、今回の、経営の「見える化」という本も何度か読み直しました。

この本は、経営書で「自分自身や家族」と「会社」の20年後の理想像を考えてみよう、というものですが、今まで漠然と20年後のことを考えたことはありますが、この本を読んで真摯に自分や家族、会社の20年後の理想の姿を考えてみました。

私の尊敬する京セラの稲盛和夫氏は、「こう在りたいと言う願望が実現した姿をカラーで想像出来るほどに考えぬけば、その願望は実現する可能性は、高いでしょう」とよく言われます。このブログを読んでいる皆さんも、20年後がカラーで想像できる程考えてみては、いかがでしょうか。

そして、20年後の理想像が決まれば、そのために逆算で、今から5年後はどう在らねばならないか、そして1年後は、1ヶ月後は、1週間後は、そして今日は、何をなすべきか、が解ってくるのではと思います。

理想に燃えた日々が過ごせれば、最高の人生ではなかろうかと思います。





 加藤 繁 
税理士法人 森田経営
代表社員

昭和40年2月23日生
主な資格:税理士、行政書士

※ 現在、市役所、公民館、商工会議所等で経営・簿記・税金等の講師としても活躍中

加藤 繁
税理士法人 森田経営
代表社員

昭和40年2月23日生
主な資格:税理士、行政書士

※ 現在、市役所、公民館、商工会議所等で経営・簿記・税金等の講師としても活躍中


«   2011年11月   »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      





  • RSS
  • RSSとは




このページのトップへ


Copyright(C) Netartz. Co., Ltd. All Rights Reserved.