2009年10月09日

税務署はどの様にして税務調査の対象会社を選定するのか。

 前回は税務調査の方法についてお話ししたので、今回は「税務署はどの様な基準で、調査をする会社を選定するのか」と言うことについてお話ししたいと思います。

 調査会社は、原則として調査に行く担当者が選び、上司の許可を受けて調査する場合が多い様ですが、おおむね次の4つが考えられます。

(1)何と言っても、高額重点と言い、高額な納税をしている企業、すなわち多くの利益を上げている会社ほど、調査は多くなると思います。「内の会社は外に比べ、こんなに多くの税金を納めているのだから、調査は無いのでは」と思う社長さんがいますが、そうではありません。

(2)次に好況業種を国税局が指定して調査をする場合があります。過去には、理美容業、ゲームセンター、不動産仲介業、ラブホテル、パチンコ店等がありました。これらの業種に当てはまると、利益を上げていないお店や、小さいお店も調査対象になります。

(3)商売の取引は、必ず相手が在ります。税務署は「資料せん」という、膨大な取引の記録を入手しています。お金を支払った人がいれば、必ずそのお金を受け取った人がいるはずです。一方が支払っているのに、相手が受け取ってないということになれば、どちらかが間違っている訳で、調査の対象になります。

(4)また変化の激しい会社も調査対象になりやすいです。例えば、売上が大幅に増えたり、減ったりする会社、工場を新築したり、土地を購入したりして大幅な設備投資をしている会社です。

 税務調査の対象になる会社は概して、急成長しているような、優秀な企業が多いような気がします。


2009年09月10日

税務調査の方法について

9月~11月に掛けては特に個人も法人も税務調査の多い時期ですので、今回は、税務調査はどの様な方法で調査をするのか、お話したいと思います。

1.税務署が行う調査と国税局が行う調査の区別
 税務調査の方法には大きく分けると税務署が行う調査とその上部機関の国税局が行う調査と2つに分かれます。
 おおむね資本金5千万円以上利益3千万円以上の様な比較的規模の大きい会社や個人が国税局の調査対象になり、その他は、税務署が調査をします。しかし両者のはっきりした区別はありません。

2.税務署が行う調査
 税務署が行う調査にも大きく分けると通常の事後調査と、売上10億円を超える様な比較的規模の大きい会社や個人の特別調査と2つに分かれますが、これもはっきりした区別はありません。
(1)税務署が行う事後調査
 通常税務調査と言えば、90%以上は税務署が行う事後調査で、調査する場合は事前に税務署から連絡があり、個人の場合は、調査は通常1日~2日で終わります。法人の場合は2日~3日かかります。
(2)税務署が行う特別調査
 通常特別国税調査官が行う調査で、調査は3日以上掛かるケースが多いです。

3.国税局が行う調査
 国税局の行う調査にも、事後調査と強制捜査(査察)と大きく2つに分かれます。
(1)国税局が行う事後調査
 国税局が行う事後調査は通常事前連絡もなく、飛び込みと言う型で来ます。
通常5~6人で、一週間程度は続けて調査します。
(2)国税局が行う強制調査(査察)
 国税局の行う強制調査は、通常査察官が行う調査で、あらかじめ、裁判所に査察令状を申し立てて行うもので、脱税犯を取り締まるものです。






2009年08月10日

夢を追い続けた二人の男の話

今回は夢を追い続けた二人の男の話をしたいと思います。

1.三浦敬三さん
 彼は誰もが知っているプロスキーヤー三浦雄一郎さんのお父さんです。彼は99歳で標高4000mマイナス20度の寒さと強風のモンブランの滑降に成功しました。
 この時のニュースは、フランスや日本だけでなく、全世界に報道されました。彼はこの時の訓練中に2度も骨折をして、一時は絶望しそうになった様ですが、それにも挫けず、夢を追い続け、日々の訓練に取り組んだようです。

2.私の親友
 私の親友は、69歳で税理士試験に合格して、すぐ開業しました。80歳近い現在も元気に税理士業務を営んでおり、社会に貢献しています。彼は、今から約40年前、私が税理士試験を受験していた頃の受験仲間です。税理士試験は5科目合格することが必要です。1度に5科目合格する必要はありませんが、各科目とも合格率は一割前後で5科目合格まで年月を要するのが通常です。彼はおそらく30年以上の歳月を賭けて、夢を追い続けて、合格したのであろうと思います。

 以上2人の共通点は、年齢には関係なく、常に夢を追い続けた人生だと思います。
 人生で大切な事は、どんなに苦しいときでも常に心に夢や希望や理想を描き、その実現のため、日々の日常生活の中で努力して行くことではなかろうかと思います。そうすれば死ぬまで充実した人生になるのではと思います。


2009年07月10日

ロータリークラブと青年会議所の創始の精神

 先月、ロータリークラブの第100回記念世界大会がイギリスのバーミンガムで行われました。参加する機会に恵まれましたので、バーミンガムまで行って参りました。
 また、今月7月4日には、安城青年会議所50周年記念式典がデンパークであり、これにも参加させて貰いました。そこで今回は、この両者の創始の精神と私の感想を話したいと思います。

ロータリークラブの誕生と創始の精神
 今から約100年前、青年弁護士ポール・ハリスは、バーモントの小さな村から当時既に大都会であったシカゴの街に出てきました。彼は大都会の荒波に揉まれることとなります。
 彼は、特に商業道徳の欠如の風潮に堪えかねるようになり、「お互い信頼し合って、仕事の付合いがそのまま親友関係にまで発展するような仲間を増やしたい」と3人の友人とよく語り合っていました。これが、ロータリークラブの誕生です。当時、集会を各自の事務所持ち回りで順番に開いていたことから、ロータリーと名付けられました。
 その後、志を同じくするクラブが各地につぎつぎと生まれ、さらに国境を超え、今では200以上の国と地域に広がり、会員総数も120万人に達しています。

青年会議所の誕生と創始の精神
 昭和20年終戦の年、戦地から復員して来た20~30歳代の若者は、焼け野原で焦土と化した日本の国土を見て愕然としていました。そして、彼等の友人の多くは、国家のためと、この世に未練を残したまま戦死しました。
 生き残った若き経済人達は、たまたま残された人生だからと、国家のためにも、また、志半ばで死んでいった友人達のためにも、国家再興を目指し働こうと考えるようになりました。
 こうして志を同じくする若者が集まり、終戦から4年後の昭和24年、東京青年会議所が創立されました。その後、全国各地に青年会議所が生まれ、2年後(昭和26年)日本青年会議所が誕生しました。

両者の共通点
 経済人の集まりである両者は、現在では、主に社会に対する奉仕を主な活動とする団体となっています。
 「志を同じくする人々が集まり、皆で協力して行けば、偉大な事ができるのだな」とつくづくと感じています。企業経営においても、同じ事が言えるのではないでしょうか。


2009年06月10日

私の価値ある人生観

 今回は、私が考える価値ある人生観についてお話したいと思います。
 私の30歳代は青年会議所に所属して、忙しい毎日を過ごしていました。その頃、人生は1回だけだから、悔いの無い、価値ある人生を送らねばならないと思っていました。
 ある日、「価値ある人生とは如何なる人生だろう」と考え、「価値」と言う言葉を広辞苑で調べてみました。そこには、「個人の好悪とは無関係に、だれでもが良いとして承認すべきもの。真(利)・善・美」と書いてありました。
 そこで、人生三観、「職業観」・「人間観」・「人生(健康)観」と考え合わせて、自分なりの価値ある人生観を考えました。
1.「真(利)」と「職業観」
 仕事(会計事務所)は、不正や後ろめたい事をせず、正当な方法で利益を上げ、社会に貢献する。それには、「学ぶこと、勉強すること」と「行動すること」が重要である。
2.「善」と「人間観」
 良い人間関係を築かなければならない。家族に対する人間関係と隣近所や社会に対する人間関係のバランスが難しい。
3.「美」と「人生(健康)観」
 人生において、「肉体」と「心」、ともに、いつまでも美しくなくてはならない。

 以上の3項目を毎日の生活の中に根付かせて行くならば、すばらしい人生が送れるのではないかと考えています。実践は難しいですが、お互い頑張りましょう。




 加藤 繁 
税理士法人 森田経営
代表社員

昭和40年2月23日生
主な資格:税理士、行政書士

※ 現在、市役所、公民館、商工会議所等で経営・簿記・税金等の講師としても活躍中

加藤 繁
税理士法人 森田経営
代表社員

昭和40年2月23日生
主な資格:税理士、行政書士

※ 現在、市役所、公民館、商工会議所等で経営・簿記・税金等の講師としても活躍中


«   2009年10月   »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31





  • RSS
  • RSSとは




このページのトップへ


Copyright(C) Netartz. Co., Ltd. All Rights Reserved.