2009年12月10日

私の人生に良い影響を与えてくれた人々

 今までに、私の人生に良い影響を与えてくれた人々は多くいますが、私の場合は「人生の師匠」として、また「心の糧」として最も尊敬出来る人物というと、次の三人ではなかろうかと思います。

1.中村天風
 明治、大正、昭和と生きた人です。昭和43年92歳で亡くなりました。 
 20歳代は、日清、日露戦争に軍事探偵として参戦しましたがロシア軍に捕まり、絞死刑になる処を日本軍に助けられました。
 30歳代は、結核になり、結核を治すため、数年医学の勉強の為世界中を回りましたが治らず、日本で死のうと思い帰国の途中に、「カリアッパ」というヨガの先生に会い、治して貰うことが出来ました。
 帰国してからは、実業家となり、銀行業を始め、頭取になり、大富豪になりましたが、心の満足は無かった様です。
 40歳代で天風さんは、財産を国家に寄付をして、妻に「握り飯」を作ってもらい、日比谷公園等で「辻説法」を初めました。そこで「天風理論」を解説しました。
 「天風理論」を一言でいうと「積極一貫」といいまして、物事の判断基準で消極と積極があれば、「どんな時でも、積極的な方を貫きなさい」という事です。そして『消極的な言葉は、たとえば「疲れた」とか「もう駄目だ」「限界だ」等の言葉は使ってはいけませんよ』という教えです。
 天風さんを師と仰いだ人の中には、東郷平八郎、原 敬、山本五十六、松下幸之助、稲盛和夫、双葉山、等有名人が多くいます。

2.安岡正篤
正篤さんは、漢学者で「外平らにして、内成る」と言う、中国の言葉から、「平成」と言う「元号」を政府に提案した人として有名で、著書も多くあり、皆さんの中にも正篤さんを知っている方は多いと思います。

3.稲盛和夫
稲盛さんは、まだ現在も活躍してみえる方で、「京セラ」や「KDDI」の創業者として余りにも、有名なので、皆さん良く知っている人だと思います。


2009年11月10日

税務職員が行う税務調査の方法について

税務調査の3回目で今回は、税務調査があった場合の税務職員が行う税務調査の一般的な方法についてお話ししたいと思います。

(1)概況の聞き取り
 税務職員は通常午前10時前後に訪問します。そして約1時間位は事業主に事業主の家族構成、社長の経歴や会社の歴史、現在の仕事の内容等の聞き取り調査をします。
それから現場の視察調査をします。

(2)売上の計上漏れの調査方法
 税務調査で一番多いのが売上漏れです。売上が発生する受注の方法を聞いた上で税務職員は次の様な書類をチェックします。
 売上関連の見積書、注文書、納品書、請求書、領収書、社長や社員の方の売上に関するメモ帳等です。

(3)仕入在庫・製品在庫の計上漏れの調査方法
 売上漏れの次に多いのが在庫漏れです。商品や材料や貯蔵品の在庫漏れは、期末近くに仕入れた仕入れ状況を見ます。また仕掛品や製品については、翌期首以降に売り上げた売上状況を見ます。

(4)固定資産の計上漏れの調査方法
 固定資産に計上しなければならない資産を経費にしてしまう例やまだ使える資産を除却処分する例も時々あります。これらに対処するため、工場内の機械等の固定資産の配置図を求めたり、無い事業所については、税務職員は自分で作成して、計上されている固定資産の明細とチェックします。

(5)架空仕入・架空外注の調査方法
 これらの悪質な行為については、売上げ先との関連や、場合によっては、仕入先や、外注先の反面調査と言って、相手先を確認調査します。 

(6)架空人件費の調査方法
 これらについては、出勤簿、タイムカードや建設業等については出面帳等をチェックします。

以上が主に税務職員が行う税務調査の方法です。


2009年10月09日

税務署はどの様にして税務調査の対象会社を選定するのか。

 前回は税務調査の方法についてお話ししたので、今回は「税務署はどの様な基準で、調査をする会社を選定するのか」と言うことについてお話ししたいと思います。

 調査会社は、原則として調査に行く担当者が選び、上司の許可を受けて調査する場合が多い様ですが、おおむね次の4つが考えられます。

(1)何と言っても、高額重点と言い、高額な納税をしている企業、すなわち多くの利益を上げている会社ほど、調査は多くなると思います。「内の会社は外に比べ、こんなに多くの税金を納めているのだから、調査は無いのでは」と思う社長さんがいますが、そうではありません。

(2)次に好況業種を国税局が指定して調査をする場合があります。過去には、理美容業、ゲームセンター、不動産仲介業、ラブホテル、パチンコ店等がありました。これらの業種に当てはまると、利益を上げていないお店や、小さいお店も調査対象になります。

(3)商売の取引は、必ず相手が在ります。税務署は「資料せん」という、膨大な取引の記録を入手しています。お金を支払った人がいれば、必ずそのお金を受け取った人がいるはずです。一方が支払っているのに、相手が受け取ってないということになれば、どちらかが間違っている訳で、調査の対象になります。

(4)また変化の激しい会社も調査対象になりやすいです。例えば、売上が大幅に増えたり、減ったりする会社、工場を新築したり、土地を購入したりして大幅な設備投資をしている会社です。

 税務調査の対象になる会社は概して、急成長しているような、優秀な企業が多いような気がします。


2009年09月10日

税務調査の方法について

9月~11月に掛けては特に個人も法人も税務調査の多い時期ですので、今回は、税務調査はどの様な方法で調査をするのか、お話したいと思います。

1.税務署が行う調査と国税局が行う調査の区別
 税務調査の方法には大きく分けると税務署が行う調査とその上部機関の国税局が行う調査と2つに分かれます。
 おおむね資本金5千万円以上利益3千万円以上の様な比較的規模の大きい会社や個人が国税局の調査対象になり、その他は、税務署が調査をします。しかし両者のはっきりした区別はありません。

2.税務署が行う調査
 税務署が行う調査にも大きく分けると通常の事後調査と、売上10億円を超える様な比較的規模の大きい会社や個人の特別調査と2つに分かれますが、これもはっきりした区別はありません。
(1)税務署が行う事後調査
 通常税務調査と言えば、90%以上は税務署が行う事後調査で、調査する場合は事前に税務署から連絡があり、個人の場合は、調査は通常1日~2日で終わります。法人の場合は2日~3日かかります。
(2)税務署が行う特別調査
 通常特別国税調査官が行う調査で、調査は3日以上掛かるケースが多いです。

3.国税局が行う調査
 国税局の行う調査にも、事後調査と強制捜査(査察)と大きく2つに分かれます。
(1)国税局が行う事後調査
 国税局が行う事後調査は通常事前連絡もなく、飛び込みと言う型で来ます。
通常5~6人で、一週間程度は続けて調査します。
(2)国税局が行う強制調査(査察)
 国税局の行う強制調査は、通常査察官が行う調査で、あらかじめ、裁判所に査察令状を申し立てて行うもので、脱税犯を取り締まるものです。






2009年08月10日

夢を追い続けた二人の男の話

今回は夢を追い続けた二人の男の話をしたいと思います。

1.三浦敬三さん
 彼は誰もが知っているプロスキーヤー三浦雄一郎さんのお父さんです。彼は99歳で標高4000mマイナス20度の寒さと強風のモンブランの滑降に成功しました。
 この時のニュースは、フランスや日本だけでなく、全世界に報道されました。彼はこの時の訓練中に2度も骨折をして、一時は絶望しそうになった様ですが、それにも挫けず、夢を追い続け、日々の訓練に取り組んだようです。

2.私の親友
 私の親友は、69歳で税理士試験に合格して、すぐ開業しました。80歳近い現在も元気に税理士業務を営んでおり、社会に貢献しています。彼は、今から約40年前、私が税理士試験を受験していた頃の受験仲間です。税理士試験は5科目合格することが必要です。1度に5科目合格する必要はありませんが、各科目とも合格率は一割前後で5科目合格まで年月を要するのが通常です。彼はおそらく30年以上の歳月を賭けて、夢を追い続けて、合格したのであろうと思います。

 以上2人の共通点は、年齢には関係なく、常に夢を追い続けた人生だと思います。
 人生で大切な事は、どんなに苦しいときでも常に心に夢や希望や理想を描き、その実現のため、日々の日常生活の中で努力して行くことではなかろうかと思います。そうすれば死ぬまで充実した人生になるのではと思います。




 加藤 繁 
税理士法人 森田経営
代表社員

昭和40年2月23日生
主な資格:税理士、行政書士

※ 現在、市役所、公民館、商工会議所等で経営・簿記・税金等の講師としても活躍中

加藤 繁
税理士法人 森田経営
代表社員

昭和40年2月23日生
主な資格:税理士、行政書士

※ 現在、市役所、公民館、商工会議所等で経営・簿記・税金等の講師としても活躍中


«   2009年12月   »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    





  • RSS
  • RSSとは




このページのトップへ


Copyright(C) Netartz. Co., Ltd. All Rights Reserved.