2021年02月10日

副業のすすめ

以前の日本の会社は、ほとんど副業を禁止していました。

ところが、コロナ禍の状況になり多くの企業が副業容認に変わってきて、ある調査によると副業・兼業を認めている企業は約半分あるそうです。

理由としては、「社員の収入を補填するため」、「社員のモチベーションを上げるため」ということのようです。

これも働き方改革のひとつなのでしょう。

 

優秀な人材なら各種プロジェクトからの誘いや、会社を通さない形で直接仕事を依頼されることになり本人にとってもメリットはありそうですが、一般の人となるとなかなかそうはいきません。

私では本業を定時で切り上げ、その後飲食店でバイトするぐらいしか思いつきません。

 

先日、テレビを見ていたらユーチューバーになり、そちらの収入が増えてきて本業を辞めて、ユーチューバーを本業にする人が増えてきているとの話でした。

3年ぐらい前、子供たちの将来なりたい職業に”ユーチューバー”を見たとき、日本の将来は大丈夫?かと思ったのですが、その考えが違っていることに気がつきました。

「そうだ、これからはユーチューバーの時代だ!」と思い、それ以来結構見るようにしたところ、これが想像以上に面白く、見ていたらあっという間に時間が過ぎてしまいます。

“TikTok”も面白く、これらは巣ごもり時代にマッチします。

 

見ているだけでなく、これからは動画を作成する側になり、そこから収入を得るようになれば老後は安泰です。

副業と言われてもピンとこなかったが、ついに見つかりました。

何をやるかはまだ思案しているところですが、将来は「ヒカキン」みたいなユーチューバーになりたいと思います。


思いもよらなかった新しい目標ができたので、これから頑張ります!


2021年01月10日

新年の挨拶

明けましておめでとうございます。

皆様におかれましては、健やかな新年をお迎えのことと、心よりお慶び申し上げます。

 

昨年は世界中に蔓延した新型コロナウイルスの影響で、生命をも脅かし、人類にとっては最も危機的な状況を作り出しました。

また、そのことによって大きな時代の変革を加速させ、今まで当たり前と思っていたことが当たり前でなくなり、日常の生活も大きく様変わりしました。

飲食店をはじめ多くの企業が厳しい経営を強いられています。

 

生き残る企業とは、『最も強いものではない。 最も知的なものでもない。 それは、変化に最もよく適応したものである』というダーウィンの言葉にあるように、このコロナ禍を嘆くより適応していく努力をしていかないといけないと思います。

ただ新しいことにチャレンジすることはいいことですが、無計画・無鉄砲にやれば自滅のおそれもあります。

不況になっても生き残る会社経営者は、「大したことはやっていないのですが」と言い、状況を悪化させる経営者は「いろいろやっているのですが上手くいかなくて」と口にします。

これは、本業という基本に徹した企業が生き残り、片や不安から新しいことを次々に打ち出すものの社員が達成への意欲を欠き、状況が悪化していくのが原因です。

先が見えない時代になってきましたが、いつの時代も世のため人のために尽くせる企業が生き残ります。

 

最後に、今年も皆様のますますのご健勝とご多幸を心よりご祈念申し上げまして、年頭のご挨拶とさせていただきます。


2020年12月10日

年の瀬を迎えて

今年もいよいよ残り1ヶ月をきりました。

去年の今頃は、新型コロナウイルスでこのような状況になるとは思ってもいませんでした。

東京オリンピックの年でもあるので、景気も上昇し明るく楽しい年になると思っていましたが、年明けからまさかまさかの展開になり、まさにコロナに振り回された1年でした。

 

今年はどういう年だったかと振り返っても、あまり良い出来事はありません。

ただ、その中でも株価は高値を維持し、経済は今の所それほどパニック状態にはなっていないのは、国が支えているおかげなのでしょう。

補助金・助成金・給付金・無利息貸付で経済をなんとか支えたのは、評価できると思いますが、1点「アベノマスク」は如何なものだったでしょうか。

 

先日流行語大賞も発表されましたが、ほとんどがコロナ関連でした。

そのなかで唯一明るい話題は、「鬼滅の刃」です。

漫画・映画も含めてこれだけヒットすると、世間は盛り上がり明るくなります。

私も話題に乗り遅れまいと映画を観に行きました。

巷では感動して良かったという人が多いようですが、私の印象は違いました。

主人公が悪い鬼を倒したところまでは良かったのですが、その後強い鬼が突然どこからともなく現れて準主人公と1対1で戦うのですが・・・。さらに悪いことに・・・。

最後は少し気分の悪い思いでした。

 

やはり漫画「ワンピース」のように、最後には正義が勝たないとスッキリしないものです。

来年は悪であるコロナも消滅(退治)して、正義が勝つごとく日本及び世界が復活することを期待します。


2020年11月10日

ジッダタワー

今は新型コロナウイルスの影響で海外旅行に行くのは難しい状況ですが、今後ワクチンができて落ち着いたら、ぜひ行ってみたい国がサウジアラビアです。

サウジアラビアは砂漠に覆われた猛暑の国なので、旅行のベストシーズンは灼熱が避けられる12~2月です。

サウジアラビアといえば、まず思い浮かぶのはメッカでしょうか。

観光で行った時にメッカは外せないと思いますが、その近くの紅海沿いにジッダという都市があります。現代的な都市景観が多くを占めるサウジアラビアの中で、ジッダは旧市街がかつての姿をよくとどめており、世界遺産にも登録されています。

 

そのジッダで2021年に「ジッダタワー」が完成する予定になっています。

高さが1,008mで、ドバイのブルジュ・ハリファ828mを超え世界一になる予定です。

日本にも高層建物はありますが、東京スカイツリーの634m、大阪のあべのハルカス300mが低く思えてしまうほどの高さです。

2011年にサウジアラビアのゼネコンが総工費約950億円で受注し、当初は着工後3年で完成予定でしたが、サウジの財政危機による工事の中断等がありスケジュールが伸びていて、それがやっと2021年に完成する目処がたったようです。

 

コロナ禍の中でストレスが溜まっている人も多いかと思います。

ジッダタワーに上り天空から下界を見下ろして、ストレス発散してみてはいかがでしょうか。


2020年10月09日

国勢調査

国勢調査の回答用紙が郵送されてきました。皆さんは回答を済まされましたか?

期限が10月7日なので、もう終わっている人がほとんどではないでしょうか。

ずいぶん前にもやった記憶がありますが、すっかり忘れてしまっていました。面倒なイメージがありましたが、今回はインターネットにより回答をしましたので、紙に記入するよりだいぶ簡単でした。

 

何のための調査かというと、将来の国の制度設計や政策立案のため、国が5年に一度行っているのもので、内容は「世帯員の数」や「住居の種類」など、計16項目について回答を求めています。これらの質問に回答された方はどう思われたでしょう?結構細かいところまで聞いてくるな、と思われたのではないでしょうか。

 

例えば、マンションの総階数と住居の階を記入する項目で、そこまで必要なのだろうかと疑問に思ってしまいます。

調べてみるといろいろと理由はあって、マンションの高層階に多数の高齢世帯が住んでいる場合、災害が発生すればエレベーターは止まってしまうので、高齢者の避難対策を定める必要があります。国や自治体が防災計画を練る上で、マンションの高層階に住んでいる高齢の世帯が、どこに何人いるかといったデータは重要になります。

 

言われてみれば、なるほどと思わないことはないですが、単純な質問に答えているだけではそこまで深いものだとは思えず、個人情報の流出を心配し、回答しない人も多いのではないでしょうか。


とりあえず回答を終え、ほっとしました。

余談ですが、以前「国勢調査」とは「国の勢い」と書くので、今後国がどこまで勢いよく走って行けるかを国民に問いかけるものと思っていたら、「国の情勢」という意味のようでがっかりした憶えがあります。




 加藤 繁 
税理士法人 森田経営
代表社員

昭和40年2月23日生
主な資格:税理士

※ 現在、市役所、公民館、商工会議所等で経営・簿記・税金等の講師としても活躍中

加藤 繁
税理士法人 森田経営
代表社員

昭和40年2月23日生
主な資格:税理士

※ 現在、市役所、公民館、商工会議所等で経営・簿記・税金等の講師としても活躍中


«   2021年02月   »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            





  • RSS
  • RSSとは




このページのトップへ


Copyright(C) Netartz. Co., Ltd. All Rights Reserved.