2018年09月10日

採用か?退職か?

来年4月の新卒の採用もほぼ終わりとなりました。

再来年の新卒採用について、経団連会長が「就活ルール」を廃止する考えを示して、学生の間では戸惑いが広がっているようです。


少子化の影響もあり新卒採用には各社力を入れていますが、その反面大幅な人員削減を行う企業もあります。
栄養ドリンク剤「リポビタンD」や風邪薬「パブロン」などで知られる大正製薬ホールディングスでは、10年以上勤務、40歳以上の従業員約3,000名を対象に、早期退職優遇制度を実施。その結果、応募は948名にも達し、中堅として現場の中核を担うべき社員が一気に3割も退職するそうです。

大正製薬HDの2018年3月期の営業利益は前期比16%増ということなので、業績が悪くなった企業のリストラとは少し違うようです。

人が増えている割には利益が伸びておらず、一人あたりの生産性が低下している現状を打破するため、社員の意識改革を促すショック療法と言われています。

その真意のほどは定かではないですが、やはり長年頑張ってきた社員が辞めてしまうのは心苦しいものです。

「企業は人なり」というように、人を大切にする会社を目指したいものです。


2018年07月10日

ベトナム戦争

先日、ベトナムのホーチミン戦争証跡博物館へ行ってきました。


ここはベトナム戦争がベトナムの人々に与えた影響を示すことを目的とした展示品を置く博物館です。ベトナム戦争の開戦は1955年で1975年4月30日に終結しました。私の記憶では遠い昔の話だと思っていましたが、それほど古いことではないのに驚きました。

戦争の詳しい内容は省略しますが、簡単にいえば北ベトナム・ソ連と南ベトナム・アメリカ軍の戦いだったようです。最後は、アメリカ軍が撤退し南ベトナム政府は無条件降伏して終結しました。

この戦争でアメリカ軍は「枯葉剤」を散布して、人が隠れる森林をなくし、同時に食物を育てる土地も破壊するという戦略をとりました。「枯葉剤」には、ダイオキシンなどを含み非常に毒性が強いもので、動物実験では奇形を生じさせることがわかっていて人体にも影響を及ぼすことを承知で行いました。その結果、ベトナム国内では出産異常が激増し、下半身がつながった結合双生児として生まれた「ベトちゃん・ドクちゃん」を覚えている人もいるかと思います。博物館には、このベトナムの人々を苦しめた枯葉剤の威力を示す膨大な量の写真や標本が並び、そのどれもが戦争が生み出す人的被害の凄まじさを物語るものでした。中には子どもたちに見せるにはあまりにも刺激が強すぎる生々しい写真もあり、日本では展示されないだろうなと思いました。


広島・長崎の原爆記念館に行ったときも思いましたが、あらためて戦争は人類に滅亡をもたらすだけで無意味な行為だと確信しました。アメリカ・北朝鮮をはじめ各国が核兵器を放棄し、お互い協力しあいながら平和な世界になるよう祈ってます。


2018年06月11日

Society(ソサエティ)5.0

Society5.0とは、我が国が目指すべき未来社会の姿として国が提唱する社会です。解説によると「サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)」ということらしいです。狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く新たな社会です。
 

具体的には、

(1)  ドローン宅配:無人のドローンが指定の時間・場所まで荷物を届けてくれる。物流業界の人手不足が解消できる。

(2)  AI家電:AI冷蔵庫が、冷蔵庫にあるものでできるレシピを提案、食材のストック管理をする。

(3)  医療・介護:遠隔診療で、家にいながらお医者さんに診てもらえる。重労働の介護を、疲れ知らずの介護ロボットがサポート。

(4)  働き方:無人トラクター、清掃ロボットで人手不足解消。

(5)  スマート経営:会計クラウド導入で、Web注文・決済がスムーズに。家計簿も簡単に、決算もリアルタイムで把握でき素早い経営判断が可能。

(6)  自動走行:自動走行バスが導入されれば、時間帯を問わず目的地まで行け、地方都市では実際に試験運転も行われ、導入間近。
 

上記が簡単な内容になりますが、今後日本は少子高齢化により働き手が少なくなってくるので、それを見据えた国の政策だと感じました。
 

この中で私が一番気になったのは、(5)スマート経営で会計のクラウド化を国が推進していることでした。リアルタイムの数字を把握し経営判断を行い、熱意や勘に頼った「売上目標」でなく、実際に「売れた」「予約された」などのデータに基づく生産・販売計画により、在庫や廃棄品を減らすようにしていくのが目標のようです。
 

中小企業の経営者の多くは、勘と度胸で勝負をしてきた面もあると思いますが、これからの経営はITを駆使しデータに基づく経営を推進していかないといけない時代に入ってきたようです。勿論、弊社もお客様とともに時代の変化に対応していきたいと思います。


2018年05月10日

ロボット開発

ロボットと言えば、バブルの頃にソニーの『アイボ』という犬型ロボットがでたのが、一般人向けの最初のものではなかったでしょうか。その後、ソフトバンクが『ペッパー』という人型ロボットを開発し、鉄腕アトムに似たものがついにでたのかと感動したのを覚えています。アイボは一旦製造中止となりましたが、今年に入り『新型アイボを』再び販売しています。テレビで見たのですが、以前のものに比べるとAI(人工知能)が搭載され、格段に進化しているようでした。

それでも頭脳としてのコンピューターは人間を超える程になってきましたが、人の動きができるロボットはまだ先だろうと思っていました。

  
​それが「ボストン・ダイナミクス社」のユーチューブの動画を見て驚きました。人型のロボットがピョンピョン段差を乗り越え、なんとバク宙までしているのです。さらに荷物を運んだり、4足ロボットが取手のあるドアを自分で開けたり、まるでロボットスーツに人間が入って動かしているようで、不気味な感じさえしました。

  
アマゾンも家庭用ロボットを開発しているようで、今後のロボット開発競争に注目していきたいと思います。

ご興味ある方は、一度ボストン・ダイナミクス社のユーチューブ動画をご覧になってはいかがでしょうか。


2018年04月10日

新入社員

4月から新年度が始まり、新入社員も期待と不安の中、社会人生活をスタートさせました。
どの業種にとっても先行きが不透明な中、今はスマホ・AI・IOT・ロボット・車の自動運転・クラウド等、10数年前にはなかったものがどんどん生まれてきています。この変化にスピーディーに対応していかないと、あっという間に時代の波から取り残されてしまうでしょう。このような時代だからこそ、若い人の過去の常識にとらわれない、新しい発想に期待したいと思います。

ただ、若い人はスマホ等での情報収集力には長けていますが、情報・知識という道具を会社のため、世の中のためにどう活用していくかという事の経験値が少ないわけですから、まずは先輩・上司の話に耳を傾け素直に行動してみることが重要かと思います。勉強・読書に勤しみ、前向きな考えでなんでもチャレンジし、明るい未来を描きながら、これからの社会人生活を楽しんでもらいたいです。と同時に、数年後にはこの激動の時代を生き抜く為の中心的な存在へと成長されている事を願っています。




 加藤 繁 
税理士法人 森田経営
代表社員

昭和40年2月23日生
主な資格:税理士、行政書士

※ 現在、市役所、公民館、商工会議所等で経営・簿記・税金等の講師としても活躍中

加藤 繁
税理士法人 森田経営
代表社員

昭和40年2月23日生
主な資格:税理士、行政書士

※ 現在、市役所、公民館、商工会議所等で経営・簿記・税金等の講師としても活躍中


«   2018年09月   »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            





  • RSS
  • RSSとは




このページのトップへ


Copyright(C) Netartz. Co., Ltd. All Rights Reserved.