2013年08月08日

私の朝の時間の活用法

今回は私の朝の時間の過ごし方をお知らせしたいと思います。

30歳代の頃は朝の時間の活用法について試行錯誤を重ねましたが、ここ数年は次の様に朝の時間を過ごしています。朝は約15分単位で計画しています。なかなか慌ただしい朝です。皆さんの参考になればと思います。

5時30分 起床時間  目覚時計は5時20分にセットしてありますが。
5時30分~5時45分  朝の掃除とゴミ出し(家のゴミ出しは私の仕事です)
5時45分~6時00分  洗顔・髭剃り・整髪等
6時00分~6時15分  体操(腕立て・腹筋・ダンベル等)
6時15分~6時30分  新聞を読む。眺める程度です。(中日新聞・日経新聞・中経新聞)
6時30分~6時45分  朝食(トースト・ハム・リンゴ・バナナ・豆乳等)
6時45分~7時00分  着替えと出勤。会社へ
7時00分 出勤時間  会社は自宅から150m位なので、5分も掛りません。
7時00分~8時00分  会社に出勤してから業務開始まで約1時間あります。この間に、まずパソコンを起動しメール等の確認と返信等をします。次に書類整理等を行います。
8時00分 業務開始

朝の時間の過ごし方は以上です。自己満足かも知れませんが、自分なりに充実した朝を過ごしています。
参考になりましたでしょうか?



2013年07月10日

営業について考える

私はここ2~3年営業について考えることが多くなりました。営業に関するセミナーに参加したり書籍やDVDを購入したりして、勉強してきました。

私も経営者として、開業以来それなりに営業活動をしてきましたが、2年程前に購入した「大前研一と考える 営業学」という題名の本により、営業に関する考えが大きく変わりました。

それまでは、営業とは自社の商品やサービスをお客様に買ってもらい、自社の売り上げを増加させることと単純に思っていました。しかしそれだけでは、お客様は買ってくれないし、売り上げを上げることはできません。

この本に営業とは「まずお客様の悩みや問題を解決してあげたり、顧客の業績に貢献することだ」と書いてありました。なるほどと思いました。その後多くの営業の本等を読みましたが、この考えは正しい様です。

これからは、この様な考えで営業活動をしていきたいと思っています。



2013年06月10日

企業経営で苦労をしている経営者の方へ

最近、私が2~3回繰り返し読んでいる「本」の話をしたいと思います。

この本は「はじめの一歩を踏み出そう」という題名の本です。この本はこれから新しく事業を始めようと考えている人や、現在すでに企業経営をしているが思うようにならず苦労している経営者のために書かれた経営書です。

人間にはいろんなタイプの人がいるが、大きく次の3つに分けることができるとしています。
1.経営者タイプの人
2.管理者タイプの人
3.職人タイプの人
それぞれのタイプについて述べたいと思います。

1の経営者タイプの人
経営者タイプの人とは会社全体を一つのものと考え、そのものは利益を生み出すものであり、お客さんや従業員やその他社会に役立つものと考えます。そういうもの、すなわち会社を創ろうと思う訳です。まずは、どんな会社を創りたいのか、会社の将来ビジョン(理想の未来像)を考えます。ビジョンができたら、経営の三要素の人・物・金が上手く噛み合う様な「経営戦略」を考え、上手く軌道に乗せより多くの利益が出る会社にしょうと思い、あわよくば、このものすなわち会社を高く買ってくれる人がいれば売っても良いと考えます。また最初から高く売れる様なもの〈会社〉を創ろうと考えます。この様な考えの人を経営者タイプの人と言います。

2の管理者タイプの人
管理者タイプの人とは、良く勉強して、良い学校(例えば一流大学)を卒業し、希望する良い会社や官庁等(例えば一流会社)に就職して課長や部長やその上を目指し、より高い給料を貰い豊かな生活をしたいと考えるタイプの人

3の職人タイプの人
職人タイプの人とは、何か自分に合った専門的な技術を身につけ、その技術を磨くことに生き甲斐を感じる人。そして、その技術を使って自分の職業に役立て様と考えるタイプの人

以上の様に3タイプの人間がいるが、中小企業の経営者やこれから起業をしようと思う人の殆どは3の職人タイプの人だと言われています。

そしてこの本では、経営者タイプの人でないと企業経営に成功することはできないと明確に述べています。そしてこの本では,経営者タイプになるための方法論が細かく述べられています。経営に関心の強い人は、一度読まれてみてはいかがでしょうか。



2013年05月10日

レンガ積み職人の話

今回はレンガ積み職人の話をしょうと思います。
西洋の家は主にレンガ造りです。日本の家は主に木造ですので、大工さんが中心に家が建てられますが、西洋の家はレンガ積み職人が中心になって家が建てられます。これは西洋の話です。

あるレンガ積み職人が3人レンガを積んでいました。その3人に同じ質問をしました。「あなたはどんな思いでレンガを積んでいますか?」という質問です。それぞれ次の様な違った答えが返ってきました。

Aという職人の答え
私はお客様に「快適な住空間を提供するため」すばらしい家の完成を夢見て、一所懸命レンガを積んでいます。この家が完成した時の、お客様の笑顔や上司や社長が喜んでくれることを思うと早く完成させたいと思います。という答えでした。

Bという職人の答え
私はレンガ積み職人として、上司の指示に従って、レンガを積んでいます。レンガを積む仕事は嫌いでは無いし、扶養家族もいるので、こうして働いて、賃金を稼いで生活費にあてています。という答えでした。

Cという職人の答え
私はレンガを積む仕事が好きな訳ではないが、他に良い仕事も無いのでしています。現在の私の上司もあまり好きなタイプでないし、賃金も安いし、今の社長も威張っていてどうも好きになれないので、他に良い仕事があれば変りたいと思っています。という答えでした。

以上A,B,Cそれぞれ違ったタイプの職人さんでしたが、どこの会社にもこの様な3つのタイプの社員さんがいると思います。一般的な会社にはAの様なタイプの社員が20%、Cの様なタイプの社員も同じく20%、あとはBの様なタイプの様です。これを2:6:2の法則と言います。Aの様なタイプの社員が50%いれば素晴らしい会社だと思います。

ところで経営者の立場から考えると、何とかAの様な社員を多くしたいと思う訳ですが、その方法で一番重要なことは、中小企業では、経営者と社員の「コミュニケーション」ではなかろうかと思います。



2013年04月10日

天国と地獄の話

今回は私が聞いた天国と地獄の話をしたいと思います。

それぞれ8人の二つのグループが車座になり「うどん」を食べることになりました。どちらのグループも「うどん」を食べる箸の長さは1メートル位ありました。「おつゆ」はそれぞれの前にありました。どちらのグループも皆「おなか」が空いていました。

あるグループは真ん中に置かれた「うどん」の入った釜が沸騰してきてちょうど食べごろになり、一斉に食べることになりました。それぞれの人々は「おなか」が空いているので早く食べようとしますが,箸が長いのでなかなか上手く「うどん」を自分の口に運ぶことができません。中には上手く工夫して何とか食べようとする人がいると、人に食べられては自分の食べる分が減るということで食べようとする人の箸を自分の箸で叩いて食べさせまいとします。そのうち相手の目を箸で突いて目が見えないようにしようとします。「うどん」はみな床に落ち、誰も食べることができず、阿鼻叫喚の様相を呈しておりました。こうなればこれがこの世の地獄ではなかろうかと思います。

一方、もう一つのグループも同じ条件で皆一斉に食べることになりました。しかし、箸が長いので上手く食べられないことが解ると、ある人は自分がお腹が空いているのを我慢して、自分の箸で向かいの相手の口に「おつゆ」を漬けて食べさせてあげました。食べさせて貰った人も「自分だけ食べさせて貰って申し訳ありません」と相手に感謝して「あなたもどうぞ」と言って同じことをしてくれます。クループ全体が同じ様なことをして、皆感謝しつつ「うどん」を腹いっぱい、きれいに食べることができました。これはこの世の天国ではなかろうかと思います。

現実ちょとした、心の思いが原因で、地獄になったり天国になったりするのではなかろうかと思います。日頃「相手に対する思いやり」や「感謝の気持ち」「少しの我慢」等心掛けたいと思います。





 加藤 繁 
税理士法人 森田経営
代表社員

昭和40年2月23日生
主な資格:税理士

※ 現在、市役所、公民館、商工会議所等で経営・簿記・税金等の講師としても活躍中

加藤 繁
税理士法人 森田経営
代表社員

昭和40年2月23日生
主な資格:税理士

※ 現在、市役所、公民館、商工会議所等で経営・簿記・税金等の講師としても活躍中


«   2013年08月   »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31





  • RSS
  • RSSとは




このページのトップへ


Copyright(C) Netartz. Co., Ltd. All Rights Reserved.