2016年05月09日

結婚式の変化について

最近2回続けて結婚式に参加して、私が結婚式を挙げた頃(今から約40年前)と比較して、その変化について私の独断と偏見で述べてみたいと思います。
 
【I.大きく変化したこと】
1.仲人が無くなった
私の頃は結婚式を挙げようと思ったら、まず仲人を決めなければなりませんでした。場合に依っては、新郎新婦それぞれに仲人をたてる事もありました。しかし今では、仲人は全く無くなりました。
 
 
2.服装の変化
私の頃の結婚式の服装は、女性は多くの人が和服でしたが、最近は1割~2割程度ではないかと思います。又男性は白のネクタイと黒の礼服と決まって居た様に思いますが、最近ではネクタイの色は白で無い人も多く居ますし、黒の礼服で無い人もちらほら見えます。
 
 
3.式の形態の変化
私の頃は神前結婚が多かった様に思いますが、最近では実に様々で、神前結婚も今も有りますが、その他にキリスト教結婚式、仏前結婚式、人前結婚式、私が昨年参加した結婚式には、茶婚式と言うのもありました。
 
 
4.式の参加者の変化
私の頃は新郎新婦のご両家の縁結びの考えが強く、その関係で参加者の多くは親族関係者が多く参加人数も今よりだいぶ少なかった様な気がします。最近では、新郎新婦の友人や会社関係者が多くなった気がします。
 
 
5.新郎新婦間の子供の存在の変化
私の頃の結婚式ではまだ子供は居ないのが当たり前で、お腹にいるのも恥ずかしい感じでしたが、最近では子供が居るのもときどき有り、お腹にいる場合は良くあります。
 
【II.変化しないこと】
嫁を迎える、新郎方の親族は嬉しそうな表情の参加者が多く、嫁を出す新婦方は何と無く嬉しい中にも寂しそうな表情をする人が有るような気がします。
 


2016年04月08日

IT機器で思うこと

先日自宅のパソコンが古くなり(購入してから5~6年)、新しいパソコンを購入しました。現在私が使用しているパソコン等は下記の通りです。

  1.自宅用デスクトップ・パソコンで、OSはWindows10で先月購入 1台。
  2.自宅用ノート・パソコンで、OSはWindows7 1台。
  3.会社用ノート・パソコンで、OSはWindows7 2台
  4.タブレット、iPad で2~3年前購入 1台
  5.スマートホン、iPhone で昨年10月ごろ購入 1台

昨年10月頃にドコモショップで長年使用していた、携帯電話を上記のスマートホンに変更しました。約10万円支払いスマートホンを購入して、自宅に持ち帰りましたが、使用方法が全く解らず大変苦労しました。現在では何とか電話を掛けたり切ったりすることは出来る様になりましたが、まだ使い勝手は良く解りません。

先日自宅のパソコンを買い換え、OSが変更され、またFacebookを始めたら又解らない事ばかりで、苦戦している毎日です。昨日も夜タブレットを触っていたら、間違って相手に電話が掛かってしまい、タブレットの電源を切っても電話は切れず相手に大変迷惑を掛けてしまいました。最低でも相手に迷惑を掛けず、IT機器の使用方法をマスターしたいと思って居ます。
 
 


2016年03月08日

今年の個人の確定申告で思うこと

今は個人(所得税)の確定申告の時期です。

個人で主に事業を行っている人は1月~12月までの1年分の儲けを計算して、翌年の3月15日までに税務署に申告します。また、前年に110万円を超える贈与を受けた人や、土地や建物等の不動産を売却して利益を得た人も申告する必要が有ります。例年ですと土地等の売買の申告が多く有るのですが、今年は極端に少ない様な気がします。また金額も少額の様です。
 
3月に入ると私は、ほぼ毎日個人の決算書や申告書をチェックして居ます。その際、最近3年分の損益計算書を必ず比較する様にしています。(税務署も調査する前に3年程度比較します)。そうすると傾向として、儲かっている人は益々儲かる傾向にあり、衰退している人は段々と衰退していく傾向に有ります。
 
以前は業種により儲かる業種と儲からない業種があり、儲かる業種に属して居る人は儲かり、儲からない業種に属して居る人は儲からない傾向に有りました。国税局もそのことを把握して、儲かっている事業を行っている業種を指定してその人を重点的に税務調査する事がありました。
 
今では、業種には余り関係が無く、経営者が経営に真剣に取り組み、努力している人の事業が儲かり、そうで無い人が衰退しているように思われます。
 
 
 
 


2016年02月09日

「税務調査の方法」について

通常の法人(法人税等)や個人(所得税等)に対する税務調査には、おおむね次の4つの方法があります。

1.税務署が行う事後調査 
中小企業を対象とする私共税理士が担当する税務調査の立ち会いの約95%はこの税務署(碧南・高浜・刈谷・安城・知立の各市の場合は刈谷税務署) が調査を行います。
この場合、事前に調査の連絡が有るのが通常ですが希に連絡なしで突然調査官が来る場合があります。この場合私の経験では、圧倒的に月曜日が多いです。
この調査の場合は、実際に調査官が来るのは、個人の場合は通常1日、法人の場合は2日~3日です。
 
2.税務署が行う特別調査
特別調査は、通常特調と呼び、税務署の中でもベテランの「国税特別調査官」が担当して、比較的規模の大きい企業等が対象になります。調査期間も通常1週間位で、3人~5人位の調査官が来ます。場合に依っては1ヶ月~2ヶ月掛かる場合も有ります。
 
3.国税局が行う事後調査
この調査方法は、事前の連絡もなしで、突然国税局の調査官が、7名前後で来るケースです。私もこのケースは年に1回~2回程度経験していますが、突然の出来事で大変です。国税局は税務署の上の組織で、全国に11ヶ所程度あります。中部地方は名古屋国税局が管轄しております。
 
4.国税局が行う強制調査(査察)
この調査は脱税を犯した、犯罪者を摘発する強制調査で、事前に裁判所よりの査察令状(逮捕令状に等しい)により行われるもので、テレビや新聞で報道されるものです。
この調査方法は前に「マルサの女」で映画になった事もあります。私も税理士を40年間して居ますが、1回しか経験がありません。
 


2016年01月14日

昨年の黒字率(申告した件数の内、黒字の会社の割合)について

4年前(2012年)より森田経営の法人のお客様の黒字率の集計を行っています。4年間の推移は下記の通りです。

2012年 申告数 272件 黒字 156件 率 57% 1件当たりの経常利益 209万円
2013年 申告数 272件 黒字 146件 率 54% 1件当たりの経常利益 270万円
2014年 申告数 291件 黒字 176件 率 60% 1件当たりの経常利益 461万円
2015年 申告数 294件 黒字 190件 率 65% 1件当たりの経常利益 510万円

国税庁が発表している黒字率は2013年度で29.1%(基準が異なると思いますが)ですので、それに比べると森田経営のお客様は良い会社が多い様です。西三河のお客様が多く、豊田自動車の影響もあり、恵まれているのかもしれません。

森田経営では、毎年お客様の黒字率の目標を設定し、達成するための取組を行っています。昨年(2015年)の目標値65%は、何とか達成することができました。今年は、さらに目標値を上げ70%と設定しています。

ここ3年間、黒字率は少しずつ向上しています。大企業程ではありませんが、中小企業の業績も少しずつは良くなっているのではないでしょうか。1件当たりの経常利益は、2012年に比べ、昨年は510万円と倍以上の数値になっています。
ただ、良い会社と良くない会社の格差がだんだんと広がっているように、昨年以上に感じます。
 
今年も増々良い会社と悪い会社がハッキリ分かれていく思います。皆さんの会社の業績が良くなっていくよう願っています。
 




 加藤 繁 
税理士法人 森田経営
代表社員

昭和40年2月23日生
主な資格:税理士、行政書士

※ 現在、市役所、公民館、商工会議所等で経営・簿記・税金等の講師としても活躍中

加藤 繁
税理士法人 森田経営
代表社員

昭和40年2月23日生
主な資格:税理士、行政書士

※ 現在、市役所、公民館、商工会議所等で経営・簿記・税金等の講師としても活躍中


«   2016年05月   »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        





  • RSS
  • RSSとは




このページのトップへ


Copyright(C) Netartz. Co., Ltd. All Rights Reserved.