2012年03月10日

青少年と高齢者について

偶然ですが、先月(2月)私は、多くの青少年と高齢者の方々と交流を持つ機会を得ました。
「ロータリー」という奉仕団体が行った「地域社会におけるリーダーを養成するための青少年の研修会」に参加した際に、14歳から30歳までのいわゆる若者といわれる青少年の人々約100名と1泊2日で交流を持ちました。
一方、先月よりある養護老人ホームと関わりを持ち、平均75歳位の高齢者の方々と一緒に昼食や夕食を食べる機会が多くなりました。

両者の方々と交流を持ち私なりに感じたことをお話ししたいと思います。

《両者の共通点》
青少年と高齢者の方々の共通点からお話ししたいと思います。
これはあたりまえと言われるかもしれませんが、喜怒哀楽の心のあり方はほぼ同じであると思います。また人間関係の在り方、「他人から良く思われたい」とか「他人から無視されたくない」ということも同じだと思います。青少年の間にある「いじめ」の問題も高齢者の間にも全く同じ様に存在します。「嫉妬心」や「自尊心」も同じ様に年齢には関係ないように思いました。

《両者の相違点》
両者の相違点の方がお話しし易いです。
まず会話の内容ですが、青少年の人達は、これから「こうなりたい」とか「ああなりたい」とか常に未来の話をします。高齢者の人達は過去の話をします。太平洋戦争や終戦後の苦しかった頃の話が多いです。また過去や現在の病気の話が多い様に思います。
現在の青少年は、苦労の経験があまりない人が多く、そのためか、苦労している人々に対して同情心が強い様に思いました。ボランティアに強い関心がある様に思われます。


以上私見でした。


2012年02月09日

今年の個人の確定申告

今年もそろそろ個人の確定申告の時期がきました。個人の所得税の確定申告は、前年の1月1日から12月31日までの1年間の所得を計算して、原則として翌年の3月15日までに税務署に申告することになっています。その為、今私は毎日数件の個人事業主の決算書をチェックしています。決算書をチェックしながら感じたことをお話ししたいと思います。

2008年の9月に発生したリーマンショックが日本の経済に大打撃を与えたことは、皆さんご承知のことと思います。2008年の北京オリンピックの頃までは、日本は好景気で人手不足の状況でした。それ以降、超円高に推移して現在に至っております。

今決算の内容をチェックする際、2009年~2011年までの3年間を比較しています。(税務署が税務調査をする場合、必ず過去3年間の売上等の各科目を比較します。そして変化の多い事業所ほど調査に入る可能性は高くなります。)そうしますと、2009年は、前年に比べ売上は3割から5割減少し、極端に悪い年でしたが、2010年は回復して、2008年の8割がた回復したと思います。

ところで昨年2011年は東日本大震災、タイの大洪水や超円高等の悪条件に関わらず、前年に比べさらに(製造業を中心にして)景気は回復していると思います。従って決算書の3年比較では、当社のお客さんの6割以上は売上等右肩上がりになっています。しかし仕事量はあるものの工賃単価は安く、上がる見込みもありません。その様な状況です。

今、製造業も建設業もさらにサービス業等あらゆる業種の中小企業は、、独自性を発揮し、営業にもっともっと力を入れる時ではなかろうかと思っています。


2012年01月11日

「断捨離」について

時々本屋へ行きますが、昨年の暮れ「そろそろ自宅の大掃除をしなくては」と思っていた時、新・かたづけ術「断捨離」という題名の本が、目に入りました。聞いたことのあるような本の題名だったし、「断捨離」という言葉に関心があったため、購入して読んでみました。大変参考になったので、ご紹介したいと思います。

もともと「断捨離」とは、ヨガでの心の執着を手放す行法哲学「断行・捨行・離行」からきている言葉で、これを著者の「やました ひでこ」氏が「モノのかたづけ方法」に応用した本でした。

「断捨離」とは、「モノの片づけを通して自分を知り、心の混沌を整理して、人生を快適にする行動技術」と説明されています。簡単に言いますと、

「断」とは入ってくる要らないモノを断つことで、むやみにモノを買わないこと。

「捨」とは家にはびこるガラクタを捨てることで、おおよそ家にあるモノの8割はガラクタのようです。「捨」がなかなかできない。

「離」とはモノへの執着から離れ、ゆとりある「自在」の空間を創造することで、自分の心も整理され、ご機嫌になることではないかと思います。これが目的です。

要するに「断捨離」とは、「片付け」や「大掃除」のやり方の方法では無く、モノに対する考え方の問題のようです。私自身も、最近、「断捨離」を心掛けています。周囲が整理整頓されガラクタが減っていくと、以前より清潔な感じになります。そうすると、なんとなく気分も良くなってくるので、不思議です。

皆さんも今年は「断捨離」を実行されては、いかがでしょうか。


2011年12月10日

現在の社会情勢と社会の変化

皆さんご承知の様に、現在の社会情勢は政治も経済も社会も大混乱を呈しております。

特に経済は、超円高で推移しておりますが、もっと円高になる可能性も十分あるということです。そのため、大企業だけでなく中小企業までも海外に進出しております。グローバル化の波は中小企業にまでせまっています。

当社のお客様の中でも中国やベトナム等に進出したり、また進出する準備を始める方が出てきています。当社も税のスペシャリストとして、国際税務に長けた会計事務所を実現したいと思います。

また政治も混乱しており、この5~6年、毎年のように総理大臣が変わり、重要法案も衆参逆転の関係もあり、成立できずに先送りされている様に思えます。

私共が一番関心のある毎年の改正税法の法案も同様で、通常は12月半ばに税制調査会が原案を作成し、3月末までに参議院を通過して、4月1日実施されるのですが、昨年に引き続き今年もどうなるか不透明です。

また社会も東日本大震災や原発事故の影響で混乱しており、先が見えておりません。

この様に社会が大混乱をしている時は、同時に社会が大きく変化する時だと言われています。これからの社会がどの様に変化していくか、しっかり考える時ではなかろうかと思います。12月もまだ少し残っておりますので、経営に関わる方は、社会が変化しても対応できるように来年の経営戦略を考えられたらいかがでしょうか。


2011年11月09日

高校のクラス会の開催

先月高校時代のクラス会があり、幹事をさせて貰いました。高校時代は商業課で3クラスでしたので、毎回3クラス合同で開催しています。30歳台からクラス会が始まり、今回で10回目になりました。最近は2年毎に7人の幹事が交代で趣向を凝らして開催しています。今回は約40名の参加者でした。

今回のクラス会の特徴についてお話したいと思います。皆さんがクラス会を開催する時の参考になればと思います。

高校を卒業して47年になりますが、今回のクラス会の最大の特徴は幹事の中にITに強い人が居り、「高校の卒業アルバム」や「過去のクラス会の写真」をパソコンに取り込んで、大型テレビで写し出しました。しかも一人ひとりの名前も書き入れました。音楽も高校時代にヒットした、舟木一夫の「高校三年生」や「修学旅行」等をバックに入れました。30~40分の時間でしたが、参加者全員がテレビの前にくぎ付けになり、大変盛り上がりました。また各人のネームプレートに「高校の卒業アルバム」の写真を入れました。

独自のビンゴゲームや体を使ったゲーム等もあり約3時間足らずの、時間を忘れさす、楽しいクラス会でした。

また反省会を含め4回の幹事会も楽しいひと時でした。





 加藤 繁 
税理士法人 森田経営
代表社員

昭和40年2月23日生
主な資格:税理士

※ 現在、市役所、公民館、商工会議所等で経営・簿記・税金等の講師としても活躍中

加藤 繁
税理士法人 森田経営
代表社員

昭和40年2月23日生
主な資格:税理士

※ 現在、市役所、公民館、商工会議所等で経営・簿記・税金等の講師としても活躍中


«   2012年03月   »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31





  • RSS
  • RSSとは




このページのトップへ


Copyright(C) Netartz. Co., Ltd. All Rights Reserved.