2022年04月11日

床屋

確定申告も終わりさっぱりしたいと思い、いつもの自宅近くの床屋へ行ったところ、店内は暗くドアに「しばらくの間休業させていただきます。再開は未定です」と張り紙がありました。
40歳くらいの人が一人でやっていたのですが、どうしたのでしょうか?
 
「詳しくはLINE登録して」とあったので、登録して情報をみると体調を崩して入院しているらしく、いつ復帰してくるのかわからないようなので、仕方なく他の床屋を探すことにしました。
しかし、いざ探そうとすると個人経営の床屋はなかなか入りづらく、それでよくイオン等で見かける「QBhouse」という最近流行りの床屋へ行ってみることにしました。
 
カットのみに特化し、低料金を実現した革新的な床屋とテレビ等で聞いていたので、どんなところだろうとドキドキしながら入ると、まずは券売機がありチケットを購入します。
そのチケットをもって長椅子に順番に並び、前の人が移動するとすぐに詰めないと注意されます。
ベルトコンベヤーのように人が流れていき、いよいよ順番がきて椅子に座ると、きちんとした身なりの人が自己紹介し、「どのようにいたしましょうか」と聞かれました。いつものように話すと「4cmか2cmどちらにしましょうかと」と質問され、意外とキッチリした印象です。
カットは手際よく丁寧で、終わったら鏡で横や後ろを見せてくれて、「いかがでしょうか」と言われたので大丈夫ですと答えました。
切って床に落ちた髪(量は少ないが)は、箒ではいて棚の下に集めると自動で吸引し片づけは完了です。
かかった時間は待ち時間を除くと、15分ぐらいでしょうか。
時間短縮され低料金(1,200円)で、サービスも問題ありません。昔からの床屋は、1時間ぐらいかかり料金も4,000円ぐらいします。

「余計や無駄につながるモノゴトを省き、本当に必要なクオリティだけに集中すれば、豊かさにつながっていく」という価値観らしいですが、くつろぎの時間という従来の床屋業界を改革した、新しいビジネスモデルです。
過去の常識を変革する時代がきたと感じ、大変勉強になりました。




 加藤 繁 
税理士法人 森田経営
代表社員

昭和40年2月23日生
主な資格:税理士、行政書士

※ 現在、市役所、公民館、商工会議所等で経営・簿記・税金等の講師としても活躍中

加藤 繁
税理士法人 森田経営
代表社員

昭和40年2月23日生
主な資格:税理士、行政書士

※ 現在、市役所、公民館、商工会議所等で経営・簿記・税金等の講師としても活躍中


«   2022年05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        





  • RSS
  • RSSとは




このページのトップへ


Copyright(C) Netartz. Co., Ltd. All Rights Reserved.