2023年11月10日

楽天グループ

楽天グループの2023年1~9月期連結決算は、純損益が2,084億円の赤字となりました。
赤字の原因は携帯電話事業で、基地局整備の負担が大きく、携帯電話事業の営業損失は2,662億円とかなり大きな金額になりました。
対策として、KDDIの通信網を借りるローミングの契約見直しなどを行うようですが、そうすると今後10年間で約1万局の基地局が必要になります。
来年以降には社債の大量償還もあり資金繰りが心配されますが、三木谷社長は銀行の協力を得られているので大丈夫と言っています。
ただ悪いことばかりではなく、「最強プラン」の導入で解約数が減少し契約数は増加しているようです。「プラチナバンド」の割り当てを総務省から受けているので、今後のサービスに期待しましょう。
 
携帯電話事業という異業種参入には、当初から疑問視する声が多くありました。
三木谷社長は、携帯通信事業を3大キャリア(NTTドコモ,KDDI,ソフトバンク)が独占して閉鎖的になっている現状を打破しようと果敢に挑戦しました。
楽天グループは、ネット販売から金融事業まで拡大させ、安定した業績を確保していたにもかかわらずチャレンジしました。
一部の報道では、これだけの赤字を計上しながら、まだ強気な姿勢を崩さないと批判的な意見があるようですが、三木谷社長は、まだまだこれからだという思いがあり、事業を成功させるという信念があるからこれからも邁進していくでしょう。
「成功するまでやり続ける」という気持ちで、これからも頑張って欲しいと思います。
 
最近では、連日のようにコロナの影響でダメージを負った企業が、回復しきれずに倒産するニュースが報じられています。コロナの時期に借りたお金を返済していくのは大ですが、ぜひとも中小企業の経営者も、三木谷社長のように諦めず粘り強く生き残って欲しいと願います。




 加藤 繁 
税理士法人 森田経営
代表社員

昭和40年2月23日生
主な資格:税理士、行政書士

※ 現在、市役所、公民館、商工会議所等で経営・簿記・税金等の講師としても活躍中

加藤 繁
税理士法人 森田経営
代表社員

昭和40年2月23日生
主な資格:税理士、行政書士

※ 現在、市役所、公民館、商工会議所等で経営・簿記・税金等の講師としても活躍中


カレンダー
«   2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリ

最新の記事

月別の日記一覧

タグ一覧

  • RSS
  • RSSとは




このページのトップへ

Copyright Morita management consulting co.,ltd. All rights reserved.